ドライバーを振れるようにする工夫
ゴルフというのは不思議なスポーツです。

不調から、脱出しようといろいろ試みても、
すぐ不調な方へ戻ってします。

         *****

5年ほど前、6か月間、アプローチでのシャンクに
悩んだことがありました。

わずか40-50ヤードでパーオンという時、
シャンクでOBが続くと泣けてきますね・・。

その時、いろいろ工夫しました。

体の正面からグリップが外れないようにしよう!
テイクバックを低く引こう!
ボールの位置を左利きなので、もっと右足近くにおこう!
ボールのてまえ(自分に近い際)を見て打とう!

でも、その時は、うまく行っても、次にはまた元に戻る・・。

半年後のある日、ちょっとしたやり方で
抜け出せました。

ヘッドの重みを感じて打つ・・・それだけで、
半年間の病気が治りました。
そのあとは、好スコアが続きました。

d0159325_15173171.jpg


           *****

今回は、ドライバーが飛ばない、まっすぐ行かない・・・。

以前これでやはり半年間悩みましたが、今回と
ちょっと違う。
今回は、それ以上に、ドライバーが振れない!!
ドライバー・イップスのよう。

タイにいることをチャンスに、集中治療を
始めました。

前回申し上げたように、
工夫ひとつ。ボールに遠からず、近からず立つ。
二つ目、短く持ってみる。
3つ目、足の裏で踏ん張る。
(3つ目は、パット含めてすべてに有益ですね)

少し良くなったが、また気持よく振れなくなっている!

以上の3つに加え、腕よりも体全体の回転を
大事にするが、効果は一時的。

          *****

でもでも、悩める皆さん、悩んでみるものです。
ふとしたことから、工夫ができました。

左利きなので、素振りの時(素振りは軽くより
思い切って振るべし)、私は横向き、右手に向かって
振ることが多い。
でも、これだと、皆の方を向き、
キャディに土をかけたりすることがある。

それを防ぐと、手先だけの素振りになる。
困ったなあ。


そこでたまたま、斜め右に素振りする。
何かいい。
何だろう?
テイクバックが体の回転に沿い、
フォロースルーが広々、オープンな感じでいい。

たったこれだけのこと。

つまり窮屈さが抜けた。
球がまっすぐ遠く飛ぶようになった。
ドライバーだけでなく、ロングアイアンも
同様だ。

悩むべし。
体の感じって正直なものです。

悩める者には、神様がついているから、
ひょんなことから良くなるものです。

ほんのちょっとしたことから・・。
(これでもだめなら、もっと感じるぞ!)
[PR]
by ucci-h | 2007-09-04 14:57 | ゴルフの工夫 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース