チェンマイ・チェンラーイ笑っちゃう話(1)
チェンマイ→チェンラーイ。

この車で2時間強、VIPバスで2:45の
間に面白いことが、4つほどありました。

で、ご紹介しますネ。
お仕事のお疲れの合間に、どうぞ!

*****

今回はその1。

日本へ帰る前のことです。
チェンラーイへ帰るSさんが、チェンマイから
同行する私たちのマンションに
朝、迎えに来てくれました。

Sさん「あのー、ここはヴィOOOO・マンションですよね?」
ヴィット君(ここの23歳のガードマン)「チャイ!」(はい)

Sさん(念のため聞く)「ここに日本人のご夫妻で、
ええと、旦那がひげを生やして・・・」
ヴィ(うなずく)。
サ「奥さんが・・・」

すると、ヴィット君すかさず、
ヴィ(両こぶしを耳のわきに上げ、ばっと腕を上げ、上に開く)。
Sさん(彼も了解!)。

これだけでは、何のことかわかりませんね。
片手ならクルクルパーみたいですが・・・。
これには裏話があるのです。

d0159325_22473767.jpg



家内が前回9月、日本へ帰る前に、
試しにこちらでパーマをかけたのです。

市場のそばの、旦那が日本人の美容院です。

家内「ソフトにね。ソフト。ソフト」
美「カオチャイ。カオチャイ」(わかりました。わかりました)
家内「ソフトよ。あくまでもソフトにね」
美「OK。OK」

ずいぶん時間がかかりました。
日本人のお客さんなので、念入りにやってくれたのでしょう。

結果は、「あれえ!?」

そうです、彼女の頭は、まるで火事場から逃げてきたように
ちりじり頭になっていました。

スペシャル・サービスのやりすぎです。

それから、試練の2か月強。

日本でも、「Yさん(家内のこと)、その頭でだいぶ損してるよ」
などと言われてました。

日本で美容院に2度行き、矯正をはかるも効果薄し。

*****

というわけで、ヴィット君、丸めたこぶしをパット、
髪が逆立っている様を見せたのです。

嗚呼!
しかし、しかしです。

再びタイにやってきてから、
洗濯屋さんのとなりのおねえさん
美容院でシャンプー&トリミングをやったら
だいぶすっきりしてきました。

3か月たったので、切リそろえられるようになったのです。
100バーツで改善されました。

その1は、おしまい。

それにしても、ヴィットのやつ、
何ていう適切な仕草をしやがるんだ!
[PR]
by ucci-h | 2007-11-30 22:28 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース