年末に聴く「ユー・レイズ・ミー・アップ」
親ばか風に、
娘が歌っているということで、
セルティック・ウーマンの「ユー・レイズ・ミー・アップ」を
一部ご紹介しましたが、
この歌、コマーシャルの音楽や、フギュアスケートの音楽に
なっていますが、聴くほどにいい歌ですね。

メロディーは、アイルランドの民謡(ロンドンデリー・エアー等)を思い出させるような、
敬虔な祈り、癒しを感じさます。
そのくせ、力強い。

歌詞は、アイルランドの作家が書いている。
以下に歌詞を紹介しておきます。

You Raise Me up  ♪  Celtic Woman

作詞 : Brendan Graham
作曲 : Rolf Lovland

When I am down and oh my soul so weary
When troubles come and my heart burdened be
Then I am still and wait here in the silence
Until you come and sit a while with me

You raise me up so you can stand on mountains
You raise me up walk on stormy seas
I am strong when I am on your shoulders
You raise me up to more than I can be

(以下、2節目の繰り返し)

d0159325_193062.jpg


ーーーーーーー

歌詞は、ちょうどサイモンとガーファンケルの
「明日に架ける橋」のように、
困難に立ち向かってもめげない力強さを
歌っています。

もちろん、この歌は宗教的なものでしょうが、
我々仏教徒にもいろいろな場面を想定させてくれます。

「あなたが私を育ててくれた」という風に
思えば、これは母に対する恩の歌。
母親は「子供を育てたのでなく、人間を育てた」
(かみさんのことば)のですから、やはり強い。


いずれにせよ、困難に遭遇したとき、
強い心で立ち向かうことを歌い上げてくれています。

そう、仕事をこなす人も、ゴルフをやる人も、
めげそうになるとき、この歌を思い出して
ポジティブに立ち上がりましょう。


どうぞよいお年を!!!
[PR]
by ucci-h | 2007-12-29 01:02 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース