タイ入院記:蕁麻疹で入院?
家内がひどい蕁麻疹にかかり、
結局、きのうから最低2日入院です。

じんましんが、食物から来たものなのか、
薬からなのか、病院でいま調査中です
(症状から見て薬からの可能性が大きい)。

1週間ほど前、ランナー病院の美容皮膚科に行き、
その際、爪が白癬菌で白いといわれ、白癬菌の
薬を飲んで、6日ぐらいたった頃のことです。

ちょうど、その日は、人からもらったお食事を
すぐ食べず冷蔵庫に入れ、一日置いて
チャーハンにして食べた日です。
十分火が通らなかったか?とも思われました。

月曜日ですか。赤い発疹が出始めたのです。
これが1日たっても引かぬどころか、体中に広がり
病院に行ったのが、火曜日の午後のこと。

医者の見立ては、食べ物でしょうとのこと。
薬は、6日も経っている。食べ物はその日。
う~む。まあ、じんましんは原因に因らず、
治療は一緒。抗ヒスタミン剤やかゆみ止めを
もらい帰宅。

ところが、1-2日で引けるはずのじんましんが、
なお引けず、ついには、翌水曜日には、顔から足先まで
広がる。本人はなおかゆくて夜も寝られなかった・・。
先発の太ももの辺りは青黒くなってきている。
薬もかゆみ止めも効かないのか!?

d0159325_15494977.jpg

木曜日、再度病院に行く前の晩、
日本にいる医者の息子に聞いてみる。
それは、ひどい蕁麻疹だが、体調にもよる・・。
その前の1週間の国外旅行やらで、確かに疲れてはいた。

目が少し充血してるし、体温も熱い
(後で体温計を買ってきて測ったら39度)。
息子の見立てでは、ステロイドの投与が必要だろうと・・。
でないと、あまり進行すると粘膜がただれてくる恐れがあると・・。

木曜日朝一番で病院へ行く。
皮膚科の先生にいろいろ聞いてみる。
その前に、症状を見て「入院が必要でしょう」という。
えっ、たかがじんましんで入院!?
でも、症状を見て納得。

ひどいじんましんですが、今後の治療はいかに?
ステロイドの混合液を点滴します。
やはり、ステロイドの投与。
ステロイドの副作用は、短期間なら問題なさそう。

点滴を打って、即入院。
午後に、荷物を持って病室を再訪問。
ひどかった症状が、点滴でいくらか改善の兆しにみえる。
本人はまだかゆいかゆいというけれど・・。

血液分析で、原因はわかるのだろうか?
明日聞いてみよう。
単に食物でこんなにひどい蕁麻疹もなさそうだ。
薬が誘因ではなかろうか?タイでの薬の処方は強め。

いずれにせよ、はやく快方に向かってほしい。
ふだん元気な人が寝ているのを見るのは、つらい。
かわいそうだ。
金曜日にはいくらかでも、改善していることを祈ろう。
[PR]
by ucci-h | 2008-01-25 15:30 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース