タイ入院記(3):やはり薬疹だった
家内の全身に発疹が出てから、6日目。
まだ入院していますが、うまくいけば
あさってにでも退院できそうです。

最初は、食当たりの蕁麻疹と思ったのですが、
あまりにも症状がひどく、木曜から入院しました。
じんましんでは考えられないような、
頭の先から足の先まで全身が赤くなり、
夜も寝られないかゆみが続きました。

その前に爪に白癬菌があるということで
イトラコナゾール(水虫薬イトラとして知られています)を
6日間、1日400mgずつ(日本の4倍)
服用しましたが、それがきっかけとなったようです。

量が多かったからと一概には言えないでしょうが
(通常こちらではこの処方で問題ないはずです)、
薬、体調、食事など重なって、いわば当たって
しまったのでしょう。

こちらの医者も、薬疹であることを認め、
入院後は、抗生物質、抗ヒスタミン剤に加え、
切り札ステロイドの注入を行ないました。

ステロイドも長期投与すると副作用が出るようですが、
1日当たり20mg、きょうあたりでかゆみが少なければ
ストップするようです。

d0159325_18445091.jpg

というわけで、不幸中の幸い。
まだ言い切れませんが、2日後には
なんとか退院できるかと思われます。

励ましていただいた皆様、ありがとうございました。
皆様も、タイでは薬が強いですから、
薬の服用には、注意しながら摂ってください。
[PR]
by ucci-h | 2008-01-27 18:29 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース