‘金のない奴は死ね’ムーアの映画「シッコ」
昨年夏日本でも公開された
マイケル・ムーアの「シッコ」を
日本に帰ってきて、DVDで観ました。
前作「華氏911」(2004年)では、
ブッシュのあきれるばかりのあほさ加減を取り上げた
ムーアだが、今回のシッコでは、
アメリカの医療の荒廃を取り上げている。

世界の主要国の中で、国民皆保険制度がないのは
アメリカくらい(タイもそうだけど)。
医療はお金の払える人がかかればいいという
市場主義。

映画では、お金が払えなくて、
病院から歩道に放り出される患者も出てくる。
一方、カナダ、イギリス、フランス、そして
医療大国キューバが対比的に示される。
アメリカでは、5000万人が医療保険
(健康保険)にはいっていない。
貧困層の3500万人に近い数字。

d0159325_15385441.jpg

保険に入っていても、民間保険だから
なるべく医療費支払いを忌避し、利益を上げようとする。
既往症を細かく探られ、不申告でダメになったり・・。
保険に入っていても、受けられない治療が多い。
「貧困大国」アメリカの一面がクローズアップされている。

クリントン政権時代、国民皆保険の導入が
試みられたが、「社会主義的政策」と
ロビー活動(献金活動)で葬り去られた。
もっとも、アメリカが皆保険になると
医者が足りなくなり、日本の医者不足に
拍車がかかりそうだが・・・。

「金のない奴は死ね」・・・医療問題には、
アメリカの市場競争主義のいやらしい面が
いちばんよく出ている。
[PR]
by ucci-h | 2008-04-22 15:34 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース