ゴルフのスランプ脱出法
きょうまで、ゴルフの3日特訓をやりました。


ゴルフというのは不思議なスポーツです。

いい時でも、さらに良くしようと、一点に集中すると
スランプに陥ります。


自分の公式ハンディは11なので
そううまくもなし、そう下手でもないのですが、
ここ2カ月の内容はハンディ26の状況です。



こちらにきて、ここ2か月スランプでした。

長年ゴルフをやっていると、
何年かに1度、スランプになります。

8年前、いくらドライバーをうまく
打とうと思っても、チーピンで150しか飛ばない
時期が4か月続いて泣きました。

4年前は、ショートアプローチが
どう工夫してもシャンクになりスコアが
まとまらず3ヶ月間泣きました。



そして、今回も2ヶ月間(?)泣きました。

発端は日本でプロと回ってそのスタンスだけ
まねしてから・・。
確かに当たると遠くへ飛ぶ玉が出るのですが、
それに固執しているうちに全体がおかしくなりました。
どう振ったらいいのか分からなくなりました


d0159325_22325144.jpg



ここ3日間、特訓してようやく気がつきました。

1点に気を入れすぎると
いつのまにか、全体のスイングの流れが
おかしくなるのです。

スタンスも、Mさんに指摘されたように
立ちすぎ気味。
おしりの穴がつきだされて
いなかった(ある女子プロのあるべきスタンスの表現です)。



スイングプレーンを忘れ、ゴルフの
スイング軌道になっていなかった。
また、アイアンまで打ち上げ気味になり、
打ちこんでいなかったので、飛ばなかった。


嗚呼、嗚呼、嗚呼。



ここ3日間、5時起きでランナーコースで
修正特訓。

ようやく3日目のきょうは、
安定したショットでランナー(1&2)コースで
久方ぶりに80台(87)で回れました。


ランナーは、ご存知のように
6800ヤードと距離があり、
木のスタイミーが多く、
また地面が固く、砲台グリーンが遅く、
雨期で水びだしで、難しいのです。


さて、今度は力まないで、シンプルで
自然でスムーズなスイングを心掛けよう。

パッティングもこれに連動しますね。


シンプルで無駄のないスイング。

ゴルフはリズム。
リズムがゴルフ。

リズムとバランスが
スムーズじゃないとうまくいきませんね。
[PR]
by ucci-h | 2008-08-29 20:46 | ゴルフの工夫 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース