「路線バスの相次ぐ廃止」 住みにくくなる日本
きょうのNHKのクローズアップ現代

「相次ぐ路線バスの廃止」は、衝撃的だった。


日本では、自治体の財政危機から、今年にはいって

900ものバス路線が廃止されているという。




昭和40年代初頭まで、日本の路線バスには、

チェンマイの今の市営バスのように、カバンを前に

ぶらさげて立ったままの女の車掌さんが乗っていて

優しくしてくれたものだ

(チェンマイの車掌さんは座っておしゃべりしているが・・)。



それが、ワンマンになり、今や廃止が相次いでいる。

これが、経済成長のなれの果て!?


d0159325_0551739.jpg


クルマやバイクに乗れないお年寄りの足はバスだ。

路線バスがなくなり、病院まで10キロの道のりを

押し車で行くおばあさんの姿が映される。

時にタクシーに乗るので、少ない年金の多くが

医療費と足代で消える。


「バスに乗って友達に会いに行くのが楽しみだった」

という声には、足を奪われた年寄りは早く死ねといった

メッセージが想起されてしまう。



自治体の始めたマイクロバス・サービスも、

乗換えの不便さなど役人らしいサービス不在が目立つようだ。



ああ、チェンマイの乗り合いバス(ソンテウ)!

好きなところで止めて、100円も払えば、アパートの前まで

連れてってくれる。

可愛い車掌さんはいないけど、

膝小僧の可愛い女学生が前に座っている。

にこっ!
[PR]
by ucci-h | 2008-11-17 00:50 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース