いい加減なタイの免許更新
きのう、きょうと2日間かけて、免許の更新に行ってきました。

まあ、無免許でもこの国では車運転できるんだけれど、ICカードなんで、
持ってるとかっこうよく、うれしいし、国立公園の入場料が
タイ人並みになります。


昨年12月で切れているので、日本にいる時少し心配したけれど、
在住の人から「こちらは切れてから更新なのよ」
と聞いていたので、安心して行きました(確かに、切れたら、
無効と言うのもおかしい。腕ががくっと落ちるわけではない)。


1月29日(木)午前
ハンドンにあるコン・ソン(陸運局)へ行く前に、念のため
マンションのフロントで、更新に必要な書類を聞いてもらう。
でも予想通り、結局、何もわからずじまい・・・。はははは、タイらしいな。

バイクを20分飛ばして、陸運局に。
やはり、居住証明と健康証明書が必要と言われた。しゃあない。

その時、陸運局のおばさんが「今はイミグレでも居住証明出るわよ」と教えてくれた。
前回、居住証明をとりにイミグレへ行ったら、「領事館で
やって」とダメだったことをおぼえている。サービスが復活したらしい。


その足で、イミグレへ。
確かに居住証明発行をやっていた。前回は、領事館だと翌日渡しで680バーツとられた。
ただマンションの新しい住所証明がなかったので(古いのでは担当の
TON君をごまかせなかった。マンションの住所証明をやはり作ってもらう
必要がある。電話で頼んでおいた。

d0159325_22332063.jpg


健康証明書もいるので、ラム病院の4階へ行って、チェックアップ。
身長(自己申告)、体重、血圧、色盲だけ。今回は聴診もなし。
女のドクター「血圧が151とちょっと高いが、薬飲むか?」
「そんなものいらない」。100バーツで証明書。


1月30日(金)
朝、マンションから住所証明をもらってイミグレ(入管)へ。
写真2枚とパスポートのコピーと住所証明とを出す。
「1時間待って」と係りのおっちゃんに言われてまつ。
1時間足らずで、担当のTON君から呼ばれる。

「ぼくに書類きたの今さっきだから、午後の1時半に
来てね」・・・ここはタイランドだ。「あいよ」

いったんマンションに帰り、お昼を食べて、1時半に イミグレへ。
TON君忙しそう。結局30分近く待って
ようやく、イミグレからの「居住証明書」を入手。
500バーツとられたが、まあ、領事館よりましだな。
そうか、儲かるから再開したのかな。
以前は、たしか無料だった。


その足で、10分たらずとばして、陸運局へ。
「健康証明書」「居住証明書」、パスポートのコピー、
それに切れた免許証を出す。

結局、講習も、目の検査もなく、555バーツプラス
写真代100バーツで5年間有効の新免許証をもらう
(初回は1年なので205バーツだった)。


帰りがけに、念のため、免許証の記述をチェック!
「おっとっと、期限が5年じゃなくて1年だぞ!」
ただちにおばさんに修正を申し入れる。
コンピュータのデータを何やら打ち直し、また
写真を撮って、できあがり。

こんど見たら、期限は5年後の誕生日までだ。
5年9か月使えるな。OK,OK。


全部で、1255バーツかかったけど、5年間有効。
新免許の自分の顔を見て、ニコッ。
[PR]
by ucci-h | 2009-01-30 22:21 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース