何でも直してもらえるチェンマイ
チェンマイの街を歩いていると、

サンティタム通りのソイに、「ナナチャン」と

書かれた看板を目にする。

うちの上の娘の呼び名と一緒なので、

何かなと思っていた。

そう、nana chang。

お店は、きれいなものを売っているわけではなく、

クルマの修理場みたいな所です。

調べてみました。



nanaは、バンコクにあるnana plazaのnanaで、

たくさん、いろいろ、という意味。

changは職人のこと。

ナナチャンは修理屋さん、主に機械ものかな。

幅広い修理屋さん。



そう言えば、タイ人は結構器用で、なんでも直してくれる。


d0159325_19502356.jpg


ゴルフバッグのジッパーが壊れた。

ゴルフ屋さんに聞いたら、うちの近くに修理屋さんがあると

おしえてくれた。

名前を頭に繰り返し、近くの靴屋さんみたいな

ところで、おばあさんに聞いた。そこだった。


1週間で、大きなジッパーは見事に直った。200バーツ。



先週は、バイクのタイヤがパンクした。

持ち込んだらチューブを取り換えて直してくれた。

すべて含めて100バーツ。



バイクのヘッドランプがつかなくなった。

近くの修理屋さんで電球を取り換えて直してくれた。

これもすぐやってくれた。15バーツ。



うれしいので、いずれも少しチップを上乗せした。

ちょっと意外な顔をしてニコッとわらってくれたので、

二重に嬉しかった。



タイの安く手軽なサービスは、とてもうれしいものだ。

日本なら、何千円かすぐに飛んでいく。



ただ蝙蝠傘の張り替えがないな。

あまり、タイ人は傘ささないからだろうな・・。
[PR]
by ucci-h | 2009-07-12 19:41 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース