チェンマイでおいしいラーメンを作れるか
食事は、近くの市場で総菜を買って、カオニャオ(もち米ご飯)で
すませることが多い。

しかし、たまには料理の腕を発揮したい。
なにせ、おふくろも家内も料理の腕は一流、娘はプロの料理人だった
(関係ないか?)。


前回は、味噌汁。
今回は、永年あたためてきたラーメンに挑戦。

ポイントは、キーキアット(怠け者)だから、なるべく手をかけずにベ
ーシックな味で勝負!(というとかっこいいけど、要するに面倒くさく
なく作るのだ)


まず、麺。
かつての日本食レストラン「平和」の奥さんに教えてもらっ
た「馬印のバーミー(中華麺)」。
数ある中華麺の中でも、このもちも ちした食感は最高。
ムアンマイ野菜・果物・肉類市場に出かけ、教
えてもらった店で、一袋購入。
4たまほど入って、9バーツと安い。


次にスープ。
自分で作るほどひま人、いや趣味人ではないので、これは
鶏がらスープをタニン市場で購入。
2回分6バーツ。
長ネギも太め2本22バーツの高級品をついでに買う。



あとは、具だ。

チャーシューとメンマがこよなく好きなのだが・・・。
ムーデーン(チャーシュー)を売っている店は少ない。
メンマはまず見当たらない。
ここは中国ではない、タイ王国なのだ。


スーパーの「トップス」で高級食材をあたることにした。
チャーシューの代わりに「ポ ーク・パストラーミ」。
これを薄切りにしてもらう(結果大成功!)。


メンマの代わりに、タケノコ水煮の細切りを買う。
これもタケノコの香りが出ればよい。
わざわざ醤油・ラー油などで煮ない。
キーキアット(怠けもの)だから・・。



材料がそろった。

あとは、のりを乗せたり、スープを味噌味やしょうゆ味にする手はあるが、
はじめはシンプルに、シンプルに。

で、出来上がりは以下の如く。
ううん、まあいけるぞ。
人さまに食べさすようなものではないけれど、それなりに、それなりに。

d0159325_23414130.jpg


材料費は、一食分、約21バーツ。
人件費、光熱費を除く(笑)。
トップスの高級食材がちょっと高めにした。

でも、売っている高級即席ラーメン(30-50バーツ)に比べれば、安いのだ。
何せ60円ほどなのだから・・・。

さあて、次は何を作ろうかな?
[PR]
by ucci-h | 2009-07-22 23:32 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース