ゴルフゲームは序二段入りでコントロールショット
ゴルフというのは不思議なゲームである。
何十年やってきたが、ようやく相撲でいえば、序の口を終え、序二段に入ったところだ。

別にいい歳をして、謙遜しているわけではない。
実感でそう思う、最近だ。

ゴルフというのは、不思議なスポーツで、
振りきりとコントロール・ショットの組み合わせからできている。

当たり前のことだが、ここ数十年やってきたゴルフは、
振りきりのみにほぼ集中してきた。
いい当たりで、まっすぐ遠くへ飛べばいい。これがむずかしいからだ。
ドライバーの距離も伸び、正確性も増した。ゴルフの快感だ。

でも、ゴルフはここで終わらない。
アプローチとパットというコントロール・ショットが
待っている。距離は残り1割に過ぎないが、
ここからスコアが決まっていく。
ショットの数の過半数は、コントロール・ショットだ。

コントロールショットの快感を感じないといけない。
練習が楽しくなくてはいけない。
でないと、練習も、まさに打ちっぱなしで終わって、
当たりがよければそれで満足で終わってしまう。

ここにきて、コントロール・ショットの快感をうべく、
20ヤード、35ヤード、50ヤード、65ヤード、80ヤード、
100ヤードの左右に広がった旗(または目印)に3メートル以内に
近づける練習ばかりやっている。タイの練習場は幅も広いからいい。

成功率8割が目標だ。
距離があっても方向がずれてはいけないし、方向がよくても
距離が合わなければダメ。ゲーム感覚で楽しい。

ドライバーやミドルアイアンで、まっすぐ遠くへ飛ばす快感は
序の口で一応終了した(時々ショットが速く、強くなるけれどね)。

序二段では、もっぱらコントロール・ショット。
旗に3メートル以内に近づけることが目標だ。

d0159325_16475210.jpg

きれいに楽~にスイングできて、旗に近づいた時の
快感に浸ることにしている。
その時の自分のスイングは優雅だろうなとうぬぼれることにしている。

序二段におけるコントロール・ショットの確率が高くなれば、
次は、3段目入りを目指せる。バンカー・ショットと、
パッティングで、きわめて旗(ホール)に近くにボールを持って行くのだ。

ゴルフは、旗(ホール)に近づけるスポーツだからね。
ランナーで、100バーツ(3箱で280円、入場料なし)ずつ払って、練習だ!
[PR]
by ucci-h | 2009-09-20 11:03 | ゴルフの工夫 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース