タイでは変な意味になる日本人の愛称
外国語を覚えて行くと、日本語との関係でいろいろ変なことも出てくる。

タイ人は、チューレン(ニックネーム)で呼び合うのが普通。
しかも実際の名に関係なく、鶏とか星とかサトウキビとか、意味は変なのが多い。
なんでも、子供のころ可愛いとさらわれちゃうから、変な名前で呼ぶようにしたとか・・。

それはさておき、自分も当初は、「ウッチー」でやってきた。
でも変なので、昨年からは「ヒーロー」にしている。

イミグレにいくと、「ミスター・ヒロシ!」と呼ばれる。
タイ人は政治家でも苗字じゃなくて名前で呼ぶ。
そしてそのあとにほぼ必ず、「ヒロシマ」とささやかれるので、
「ナガサーキ」と返してやることにしている。

さて、ウッチー(日本の女子アナにもこういう呼び名があった)がなぜおかしかったか?
下世話な話ですみませんが、タイ語で「ウッ」は、うんちをする、
「チー」はおしっこをする、なのです。本当です。
それで、タイ人にはおかしかったのです。

こういう例は、いろいろあって、石油会社エクソンが日本でのブランド名「エンコ」をとりやめたとか、
アメリカで、カルピスが牛のおしっこにきこえてしまうとか・・。
てなわけで、私は「ヒーロー」で行きます!ウッチーではありません。

d0159325_1116539.jpg

[PR]
by ucci-h | 2009-09-21 11:13 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース