パターってこんなに狂っていたんだ
ゴルフのゲームはパット次第である。

いくらいいドライバーショットを打っても、
またアプローチをなんとか乗せても、
バーディチャンスをボギーにしていると泣けてくる。
次のティーショットにも影響する。

日本から帰る前に
パターを日本で直しておこうと思って、クラブ工房に行った。

この春、某パター専門メーカーから、
「あなたのパターは、ライ角(クラブを平らに置いたときの
シャフトと地面との角度。パターだと70度前後)が広すぎる
(つまり、アップライト気味に構えないと
ソールが平たく着かない。自分の好きに構えると
ヒールが下がりトウが上がっちゃう)と言われて、気になっていた。
本当かどうか知らないが、言われると気になるものだ。


で、近くのゴルフ場のゴルフ工房のセミプロのFさんの所に行った。
ちなみに、自分のパターは、オデッセイのツーボールの
出始めのころ買ったもの。

私「まあ、見てください。こう構えるとトウが上がってるかしら?」
F「自分も左でも打つから感じわかるけど、少しそうだね」
私「じゃあ、ちょっとシャフト曲げてくれる。

ライ角1-2度狭めてくれる?タイだと、折れちゃうかもって、できなかったの」
F「じゃあ、少しばかりね」

F「はい、このくらいでいいね。
このツーボールは、底面がかまぼこ型だから、真中で打たないと、
引っかけ、押し出しが多いんですよ。
あれっ?このクラブ少しかぶり気味(ヘッドが閉じ気味)じゃない?」

私「そうだよね。いつもスクエアに構えるのにもじもじするの」
F「うん、確かに少しかぶっている。抜いて直そうか?
いくらまでならいい?」
私「あまりお金かけたくないから、ぜんぶで2000円だね」
F「いいよ。ちょっと時間頂戴ね」

d0159325_20232899.jpg

しばらくして・・・

F「出来たよ。試しに転がしてみな」
私「うん。いいね。まっすぐ行くよ。構えるとき
体ねじって、ハンドファースト気味に調整しなくていいね。
サンキュー!」

ライ角だけじゃなくて、ヘッドの角度も少し違っていました。
パターなんてメーカーの量産品だから均一だと思っていたけど、
そうでもないんだね。
あなたのパターはどうですか?

さあ、これで、パターの名手にならないと・・(笑)。
[PR]
by ucci-h | 2009-11-22 20:12 | ゴルフの工夫 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース