ゴルフ・プレーひまな220分の使い方
ゴルフというのは悠長なスポーツである。

実際構えて打つ時間は、1ホールでせいぜい10分ほど。

18ホール回っても、構えて打つ時間は20分程度。

残る大方の時間は、歩いたり、人と話したり、景色を見たり、
人の打つのを見たり、前の組を待ったりで、
ゴルフに4時間、240分かかったとして、
9割の220分はつなぎの時間である。



このつなぎの時間をどうするかは
各人勝手だけれど、
どうもスコアを競うスポーツとしては
もったない。
というより待ち時間が長かったりして
リズムを崩しがちだ。


そんなこともあって、
先週より、パッティングを含め全ショットの
良し悪しを携帯ノートにメモすることを
はじめた。
良ければ○、ミスショットは×。
とても良ければ○○、致命的なミスは××だ。

これで、各ホールごとにDR(ドライバー)が○とか、
3W(3番ウッド)が×とか
メモしていく。やさしいパットは記さない。



まだ3ラウンドメモしたばかりなので何とも言えないが、
少しわかってきたことがある。

ハーフで良いショットは、パットも含め(OKパットは評価しない)
ほぼのべ23-27(主観もはいるが・・)。
問題はやはりミスショットの数だ。
10-12ほどで済んでいるときはスコアもまとまるが、
17-18となるとスコアも乱れる。


当面の目標は、ハーフでのミスショットの数をひとけたで
抑えることだ。


もうひとつ面白いこともわかる。
クラブの使用頻度だ。

パターとドライバーが突出しているのは承知している(15-18回、やさしいパットは数えず)。
次に多いのがPWとPS、それと3Wで、8-10回ずつ(距離の長いランナーの場合だ)。
その他は1-3回と散らばっている。


そしてクラブごとの成否の比率は、日によって違うが、
PWとPSが悪い。他の平均の2対1にはるかに及ばない。
PWとPSはカップに近づけるアプローチだ。
50ヤードをだふったり、10ヤードをトップして
グリーンを通り越したり、スコアが2点は膨らむ。


もっとあらゆる状況でのコントロールショットを磨かないと
スコアがまとまらない。


ゴルフをどう楽しむかは各人の勝手だ。
お金を払っているのだから・・。

さて私は、ゴルフの220分の暇つぶしにも
ショットごとの評価をつけていき、
集計して分析して行こう!

一打一打の内容の良し悪しをよく見て
改善していきたい。
d0159325_1772147.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-01-30 19:51 | ゴルフの工夫 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース