日本からのボールとパターで最難関を30台
先週、日本からチェンマイに戻り、
ゴルフの練習の合間に、コースも回り始めました。
あの、いやらしいランナー・コースです。

きのうは帰国(?)2回目、80台で回れました。
きょうも、朝早く6時半から散歩も兼ねて。
前半、3つあるコースの中で一番難しいNo1コース。
やたらと木が多く、行く手をふさがれます。

なんとラッキーにも1番から4番まで連続パー。
難しい2番のミドルでパーが取れたのがうれしい。
その後ボギーも3つ出ましたが、最後の最難関の445ヤードのミドル、
ここは2オン可能の右一杯をねらい、長めのパーパットを沈めて、39点。
パット数は13。
No1コースでの30台ははじめてで、うれしい。

勝因は、日本から買ってきたボールとパター。
ボールはカラーボールが欲しかったので、
楽天市場で、キャスコの「スーパーソニックソフト」を。 これがよく飛ぶ。
ふだんロストのしょぼくれボールでやっているせいもあり、普段より、10-15ヤード距離が出る。
10-15といっても、距離の長いランナーのことずいぶん楽になる。

もうひとつは、うん10年ぶりにグリップを変えた記念に買った
テーラーメイドの「スパイダー」パター。
カップに入らなくても、淵に来てくれるので安心して打てる。
やはり先進国のゴルフ用具はいいなあ。

で、後半は?
No2が混んでいたので競馬場の中のNo3。
しかも4人なので、普段のバックティーからじゃなくて、白杭から。
これなら70台だなとほくそ笑んだものの・・・。
ご期待にこたえて、後半は48点も叩いた。

白からだと、距離感が違うので、
コースを外れてのペナルティーが多く出た・・・というのは、言い訳。
前半にいいところが出切ってしまったのでした。
いいですよ、日本からのボールとパター。

d0159325_12471494.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-03-18 13:26 | ゴルフの工夫 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース