セルビア、スロベニア、スロバキア
ワールドカップに
セルビアと
スロベニアと
スロバキアが出ている。
国名が似ていてややこしい。

いずれも東中欧の旧社会主義、南スラブ人の国家である。
で、良くわからないので、Wikipediaなどで調べてみた。

      旧所属国     独立年  国土面積  人口
セルビア  ユーゴスラビア 2006年 88千㎢ 985万人
スロベニア ユーゴスラビア 1991年 20千㎢ 200万人
スロバキア チェコスロバキア1993年 48千㎢ 540万人

面積でみると、
セルビアは北海道よりちょっと広く、
スロベニアは四国よりちょっと広く、
スロバキアは九州よりちょっと広くなっている(笑)。

セルビアは、例の第1次大戦の発火点。
国民男性の半分以上が死んだと言うからすさまじい。
また、第2次大戦中でも、ドイツ兵一人に対し100人が
虐殺されたという。
ユーゴから分離独立後も、コソボ独立など紛争が残る。

スロベニアは、イタリアの隣で西欧に一番近く、
いち早くユーゴから独立。
一人当たりGDPはセルビアの3倍近く、南欧諸国に匹敵する。
NATO,EUに早く加盟している。先進国である。

スロバキアは、スロベニアと同じく、スラブが語源とか。
チェコの東側。
面積も、人口も、一人当たりGDPも、
スロベニアとセルビアの間だ。

かつてのユーゴスラビアは、サッカーが強く、
「東欧のブラジル」とも呼ばれた。
1930年の第1回大会では3位、62年にも4位となっている。
その他ベスト8が3回だ。
ストイコビッチや惜しむ、じゃない、オシムの名は日本でも知られている。

きょうのワールドカップでは、セルビアが旧敵(?)ドイツを破り、スロベニアも、アメリカをリードしている。
小国の活躍は、ワールドカップの面白いところだ。
中国もインドもロシアもワールドカップに出ていない。

d0159325_2075391.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-06-18 20:02 | アジア的な生活 | Comments(2)
Commented at 2010-06-21 13:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ucci-h at 2010-06-21 23:16
Miroさん、
コメントありがとうございます。
私の方こそ、よろしくお願いします。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース