ゴルフの救急薬箱
ゴルフの調子には波がある。
ちょうど株式市場みたいに。

今週のコンペ、来週の帰国、日本での
ゴルフ・キャンプを前にしての7月半ば・・
今年で一番ゴルフの調子が落ちている。

難しいランナーへ久しぶりに行ったら、
3ケタを逃れるのがやっとの状態だ。

ドライバーは、力が入り右へ引っ張るのみ。
アイアンも右へ引っ張り気味。
アプローチは距離が合わない。
パットも、遅いランナーのグリーン、届かない。
嗚呼。

さて、こういうときにどういう薬をつけて早く治せるかだ。
ここがベテランかどうかの試し所だ。
ゴルフの調子が悪いとき、救急薬箱を開けて、
どの薬をつけて、早期回復を図れるか?

きょうは、雨の中、朝早くランナーへ行き、治療を試みた。
雨なのでゴルフ場はほとんど人がいない。
雨の中のゴルフもチェンマイでは、年に1-2度あるかどうかだ。

全体には、「リズム」と「リラックス」と「コンパクトさ」を
心がけないと・・。

ドライバーは、コンパクトな「軽楽スイング」で振りきりを意識。
たまにリズムが速く右へ引っ張ることもあったが、
軽楽に振ることができるようになってきた。

アイアンは、テークバックを意識しすぎて、引っ張ってしまう。
頭を残し、むしろフォロースルーの方向性を
意識したら、少しまっすぐ行くようになってきた。

短いアプローチは、オープンスタンスを思いきりオープンにしたら、
カップに近づくようになった。よしよし。

パットは、むかしのパターに変え、クロスハンドにして、気分転換。
カップを狙えるように構えられる様になってきた。

スコアは、45+46=91点。
自分としては、よくなってきた。

「良くなってきた」と言い聞かせないと、
ゴルフはやってられません(笑)。
さて、株式ではないけれど、「底打ち」だといいなあ。

d0159325_18331424.jpg

[PR]
by ucci-h | 2010-07-14 14:32 | ゴルフの工夫 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース