変わるチェンマイの物価風景
チェンマイは物価の安い住みやすい土地である。
バンコクに比べても、レストランなど格段に安い。
しかし、その物価風景が変わり始めている気がする・・。

我が家に近いハンドン道路のビッグCスーパーから
運河道路へ向かう2キロほどの道路(リング1の終点)には
高級ムバーン(住宅地)や新しいレストランができている。

年末を控え、一月ほど前から、何もなかった土地に
白い木造のしゃれた大きなレストランの建物群ができた。
オランダ風の風車が目印で、店の名前も「ガンハン(風車)」。
調理棟が独立してある。

d0159325_1165089.jpg

タイ料理プラスイタリアンという感じのメニューだ。
まだ英語のメニューはない。
友人と行ったが、3連休前で新しい店だからか、
タイ人の女性たちや家族連れで一杯だ。

d0159325_1173817.jpg

価格はタイ料理中心なのに、いい値段をしている。
洋食のスパゲティ・ペペロンチーノが180バーツ。
それ以上に、タイ料理のクン・オプ・ウンセン(えびと春雨の香草蒸し)が
280バーツ。ホーモック・タレー(シーフードの椰子の実碗蒸し)も280バーツ。
チェンマイでは1品100バーツを超えれば、1000円以上の感覚なのに・・。
幸いビールは大瓶でも60-80バーツとそう高くはない。

これであまりおいしくなかったら2度と来まいと!思って注文したが、
なんと、これらの料理のうまいこと!
外国人客の多いアヌサーンやシャークフィンの店の比ではない。
ことに、クン・オプ・ウンセンは、えびが大きくうまく、また味付けもしょっぱくなく、
春雨も固まりもせず、最後まですくって食べた。

d0159325_1184966.jpg

チェンマイでは、日本料理がすっかりタイ人に定着した感じだが、
最近は、それ以上のこんな高級料理店にタイ人の客足が多い。
一部金持ちが多いだけでなく、中間所得層が増え、所得もアップしてきたのだろうか。
そういえば、来年は給与も平均5%、最低賃金も6%ほど上がるようだし・・。

そのうち、だんだん日本人滞在者の方が、安い店で食べるようになるのかしら・・。
[PR]
by ucci-h | 2010-12-15 01:20 | タイでの食 | Comments(4)
Commented by Hashi at 2010-12-15 08:04 x
暫くするとBKぐらいの物価になってチェンマイがLSの場ではなくなるかもしれませんね、デフレの国の日本人LS者達も今以上に選別されるかも知れてくるでしょうね。
Commented by まるまる at 2010-12-15 12:37 x
おいしそうですね。今度連れて行ってください。屋台25バーツの世界ではないですね。でもおいしければやっぱりはやるんでしょう。
Commented by ucci-h at 2010-12-15 12:52
Hashiさま あと4-5年もすると、「チェンマイは物価も安く、いいところだったなあ!」ということに、なりかねませんね。
Commented by ucci-h at 2010-12-15 12:54
まるまる様 おいしければ、払いますね、私でも(笑)! 高いといっても、日本円に直せば1600円くらいですし・・。今度来るときご一報ください。お連れします。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース