日本で一番がんの死亡率が低い市
タイのNHKプレミアムTVで木曜夕方に「ためしてガッテン」を
やっている。
食事・健康がテーマで、実験も含めて面白い結論を出してくれる。

きょうは、日本でがんの死亡率が一番低い市はどこかということで、
静岡県掛川市がクローズアップされた。近くの藤枝市も2位、3位に
はいっている。

掛川市は、がんの死亡率が低いだけでなく、生活習慣病や便秘症も
低いという。

d0159325_20543444.jpg

そのヒミツは?
「お茶」をがぶ飲みするからだそうだ。

ビタミン、カテキン、クロロフィル、ベータ・カロチンなどの免疫作用、抗菌作用が
体の善玉菌を増やし、免疫力を高めてくれるからだ。
ことに掛川の茶は深蒸しするので良いようだ。

実は、私の母の故郷が隣の菊川市。
ここもお茶の産地である。

母の兄弟姉妹は、5人とも80歳を超えているが
皆元気だ。
温暖な気候の下、ゆったり暮らしているからだと思っていたが、
やはり、お茶呑み習慣が大きいのだ。

タイにいても、お酒やコーヒーよりも
お茶をがぶがぶ飲もう。
[PR]
by ucci-h | 2011-01-13 20:54 | アジア的な生活 | Comments(2)
Commented by 秘湯 at 2011-01-13 21:25 x
ためしてガッテン見ています。
茶葉をすり鉢ですって飲んでいましたね。
Commented by ucci-h at 2011-01-14 12:43
秘湯さま そうですね。品の良い宇治茶よりも、深蒸し茶が良いようですね。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース