全豪オープンテニス、何人出ているのだろう?
テニスの4大メジャー大会の初戦、「全豪オープンテニス」が
きのう1月17日から始まった。

ここタイは、メルボルンと4時間の時差があるから、
朝7時から一日中、全豪テニスを「スタースポーツ」チャネルでやっている。
しかも、全豪は、男子は3セット先取で、男女とも最終セットはタイ・ブレークがないので、
長いときは平気で1試合3時間~4時間やっている。

腰が痛くゴルフの出来ない身には、ありがたいスポーツ観戦だ
(夜は夜で、サッカーのアジアカップがいよいよ8強のトーナメントに入っていく)。

5つの会場で2週間もやるのだから、ご苦労様なことだ。
出場選手は、ダブルスも含めて、何人だと思いますか?
数えたら、本戦出場をかけたクオリファイ戦出場選手も含めてだが、
男子が192人、女子が162人。あわせて354人。すごい数だ。
きのうの初日でも、男女シングルス1回戦の半分、各32試合ずつが行なわれた。


選手の出身国別に見ると、
米国44人、地元豪州が43人、テニスの発祥地フランスが42人、そしてロシアの38人、
ドイツの31人がベスト5だ。
そのあとに、ナダルのいるスペイン28人、チェコ26人が続く。

日本は13人と、スロバキアと並んでいる。アンディ・マレーのいるイギリスの11人より多い。
うち女子が9人だ。
中国、インドは5人ずつ。中国は全部女性。ナー・リーに期待したい。

インドのただ一人の女子‘妖精’といわれるサニア・ミルザは、きのうのシングルス1回戦で
ベルギーのヘニン(第11シード)にフルセットで敗れたが、2年前の全豪の混合ダブルスで
優勝している。がんばってほしい。

d0159325_200388.jpg

この大会のスポンサーは、韓国のキア(KIA)社。
アメリカのPGAゴルフ初戦(マウイ島のカパルア)もむかしはダイムラー・ベンツだったが
今はサムスン。韓国の躍進を象徴している。
もっとも、韓国からの全豪への出場は、女子選手ひとりだけ。これからだろう。

タイにいると、いろいろなテニスのトーナメントを見れて楽しい。

私の好きな女子選手、スロベニアのアナ・イバノビッチ選手(第19シード)が、
きょうフルセットの大接戦でロシアの選手に敗退したのがさみしい。
スタイルと服装のセンスが良い。

今日のように、フォアハンドの遠いボールが取れないようでは負けてもしかたない。
昨年末から腹筋を痛めているようだ。
2008年の全仏では優勝し、世界のNo1ランクにもなっている。
彼女の決まった時のしぐさが愛らしい。
まだ23歳だ。がんばれアナちゃん。
d0159325_2012631.jpg

[PR]
by ucci-h | 2011-01-18 20:08 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース