ロングステイヤーの悲しくも身につまされる話
タイに長期滞在する高齢者(和製英語でロングステイヤーと言う)にとって、
悲しくも、身につまされる話である。

最近の報道によれば、プーケット(ここは西洋人の長期滞在者が多い)の
公立病院は、外国人の高齢者の医療費未払いに頭を悩めているという。

高齢者は年金を使い果たしたり、タイ女性と結婚して金の切れ目が縁の切れ目で
捨てられたり、何せ高齢者だから、病気になり病院に収容されることも多い。
しかし、医療費の支払いとなると、大使館を通じて本国の親類に呼びかけても
拒否されることが多く、大使館も個人的なことには援助できず、病院の負担となりやすい。

タイの病院は、これらの患者を放り出すことも出来ず、
最後まで見て、葬式まで出してやるという(真偽のほどは確認していないが)。
プーケットのバチラ・プーケット病院では、過去1年間に377人の記録的外国人を
収容したという。主にイギリス人だそうだ。
この病院は、昨年は17人の金なしの外国人の治療に130万バーツを使った。
病院によると、彼らは主にヨーロッパ人で、1年ビザは更新しているが、
健康保険も預金もないという。

d0159325_1321479.jpg

リタイアメントビザを毎年更新するには、80万バーツ以上の預金か、
月6万5千バーツ以上の収入がなければならないが、彼らは偽の財務証明を
作っているようだ。
これら外国人の預金は、多く遊びと女で急速に使い果たされるという。
プーケットで家族を作ろうとタイ女性と結婚した男性は、その後
お金を持ち逃げされたと言う。

多くの場合、治療は、アルコール依存症や、肝臓、心臓疾患など
長期を要するものが多い。
政府はビザの許可のやり方を見直すべきだと言う意見もある。
外国人は、健康保険証を携行すべきとか。
政府は、外国人患者を助けるべきファンドを設置すべきとの意見すらある。

状況次第では、一部のダメ外国人のために、
今後ビザ発給がいっそう厳しくされる可能性もありますね。

なお、タイ国内の医療保険は、年配者には罰則的なほど保険料が
高いか、後期高齢者には保険そのものがないため、
母国の健康保険や、旅行保険に頼るしかなさそうですが・・。
[PR]
by ucci-h | 2011-01-26 13:23 | アジア的な生活 | Comments(6)
Commented by 摂津屋 at 2011-01-26 17:32 x
とっても寒~い話ですね。
日本の健康保険の有難味が判ります!
Commented by 鎮守様 at 2011-01-26 21:17 x
そういえば以前イギリス人がタイ人女性に家を追い出されて野宿して病気になり国へ帰ってから死んだという話が有りましたね。
金の切れ目が縁の切れ目。いずこも同じです。
歳とると病気が怖いから永住はできませんね。
Commented by ちゃーん at 2011-01-27 03:55 x
健康もそうですが、日本人のステヤーさんには語学の試験も追加して欲しいです。自分で解決できそうなこともしゃべれないので事件にしちゃうのが日本人と韓国人です。はい。
Commented by ucci-h at 2011-01-27 21:08
摂津や様 もっとこれから寒~い話を続けましょう。今年のハイシーズンは人が多いです。
Commented by ucci-h at 2011-01-27 21:10
鎮守様 日本でも年取って病気になるとパイプだらけにされないように気をつけてください。
Commented by ucci-h at 2011-01-27 21:11
ちゃ~ん様 事件にしちゃうなんてすごい才能ですね(笑)。タイ語じゃなくて、中学校でならった英語でいいのにね。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース