タイ人は本を読まない!?
タイ人は本を読まない。
識字率は高いのにあまり本を読まない。
古典の名作など知らない人が多い。
教育、生活習慣の違いからだろうか。

タイ人が、昨年の年間一人当たり読んだ本の数は、平均5冊と言われる。
ベトナムの60冊、シンガポールの50冊、マレーシアの40冊と比べて、
はるかに少ないといわれる。
もっとも他の国が多すぎるように見える。この数字の根拠はわからないが・・。
日本は、雑誌や漫画を除くと、11冊ほどだと言われる・・。
タイでは、やたらに安く、本のコピーが取れることもあるし・・。

いずれにせよ、タイ政府は、昨年8月より、読書プロモーションの
キャンペーンを始めた。図書館を充実させたりして、
国民の読書量を10年で倍増させると意気込んでいる。
チェンマイにも公立図書館があるが、いつもすいている。
d0159325_12131915.jpg

(絵は、アンリ・ラトゥールの「読書する女」1861年)

書籍の出版金額は、昨年で210億バーツ。昨年は9%増、
今年も5%の伸びが見込まれている。
人口一人当たり316バーツ(950円ほど)だ。

なお、昨年の日本の書籍の販売額は8,213億円だそうだから、
一人当たりにすると、6,500円ほど。減少が続くとはいえ、
日本人は本を読んでいる(もっとも本の値段は、日本とタイでは
4-5倍の違いがあるが・・)。,それに、古本市場も大きくなっている。

タイの出版社の数は710社。うち小出版社が半分近くの320社で、
売上げの減少が続いているという。
これの支援策も求められている。

シンガポールに行くと、英語や日本語の本がけっこうあっていい。
ここタイでは、ほとんどがタイ語の本。絵本しか読めない。
本は日本へ行ったとき買い出すことになる。
はやく、日本の電子出版の出版点数が激増しないかなあ。
[PR]
by ucci-h | 2011-01-31 12:16 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース