世界の新しい女子テニス・ランキングを見ると・・・
テニスの年初のメジャー大会「全豪オープン」が
終わって、新しい世界のトップランキングが出た。

全豪オープン男子シングルは、年末チャリティ・テニスで疲れのたまった
ナダル(スペイン)とフェデラー(スイス)が敗退し、
決勝では、ジョコビッチ(セルビア)がマレー(英国)のメジャー初優勝の悲願を
退けた。翌日の英国の新聞は、「マレーはよき精神戦略面のコーチが必要だ」と
かつてのドイツのチャンピオン、ボリス・ベッカーのコメントを載せていた。
決勝に残った二人ともまだ23歳。先行きが楽しみだ。

女子は、体調の悪かった、応援していたイヴァノビッチ(セルビア)が1回戦で敗退したが、
もう一人応援した中国のリー・ナーが決勝まで残った。
惜しくもチャンピオンの座は、ベルギーのベテラン(と言ってもまだ27歳)、キム・クライスターに
取られたが、彼女の冷静なプレー振りと、だんなとの結婚記念日を間違えたり、
「ねらいは賞金だ」と正直だったり、「夕べは旦那のいびきでよく寝られなかったの」と
言ったり、そのおおらかな人柄が魅力的だ。

WTA(女子テニス協会)が発表した1月末の新しい女子のランキング・ベストテンは面白い。
10位まで、各国一人ずつとなったからだ。おそらく史上初めてのことでは
ないだろうか。それと、女性に年齢のことを言うのは失礼だが、すべて20歳から30歳までに並んでいる。
以下、新しいランキングである。

d0159325_1015596.jpg

無冠(と言ってもまだ20歳)の美人プレーヤー、ウォズニアッキー(デンマーク)の1位は変わらず。
優勝したキム・クライスター(ベルギー)が2位に。3位にはツボネレーバが
ひとりロシア人として残り、4位には、4回戦で4時間44分の死闘を制した
スキアボーネ(イタリア)が上がった。

5位にオーストラリアのストーサー、6位にビーナス・ウイリアムスがアメリカ人として
一人残った。7位にリーナー(中国)が上がった。8位にはスロベニアのジャコビッチ、
9位はベラルーシのアザレンカ、10位にポーランドのラドワンスカが入った。

セレーナ・ウイリアムスは、12位に落ち、復帰してきたロシアのシャラポワは13位、
応援するアナ・イワノビッチ(スロベニア)は19位である。
日本からは、ベテラン伊達君子が55位、森田あゆみが58位である。もっと
アジアの選手が増えて欲しいなあ。

Curr Prev Name DOB Nation Rank pts Tours
1 1 Wozniacki, Caroline 11/07/90 DEN 8655 22
2 3 Clijsters, Kim 08/06/83 BEL 8515 14
3 2 Zvonareva, Vera 07/09/84 RUS 7405 19
4 7 Schiavone, Francesca 23/06/80 ITA 5055 21
5 6 Stosur, Samantha 30/03/84 AUS 4862 20
6 5 Williams, Venus 17/06/80 USA 4645 15
7 11 Li, Na 26/02/82 CHN 4450 20
8 8 Jankovic, Jelena 28/02/85 SRB 4385 21
9 9 Azarenka, Victoria 31/07/89 BLR 3935 21
10 14 Radwanska, Agnieszka 06/03/89 POL 3340 17

http://www.wtatour.com/page/RankingsSingles/0,,12781~0~1~100,00.html
[PR]
by ucci-h | 2011-02-07 10:03 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース