修理王国チェンマイ
チェンマイに暮らしていると、物価の安さもさりながら、
ほとんど何でも安価で修理してくれてしまうことに驚愕し、うれしくなる。
この辺の事情は、以前記した。
  何でも直してもらえるチェンマイ [2009-07-12 ]

物が壊れたり、不具合になるとなぜか続くものである。
最近は、ゴルフクラブを折り、電気髭剃りを落として壊し、
ゲームのWiiの電源が入らなくなった。
すべて日本製である。

ゴルフクラブは、こちらの保険に入っているので、
ゴルフ場で証明書を書いてもらい、折れた7番アイアンの写真を取り、
あとは、こちらでシャフトを取替え、領収書をもって手続きした。
こちらのゴルフ工房で、一番重さと柔軟性の合ったシャフトを入れてもらった。
保険は5000バーツまでいいのだが、工賃入れて1000バーツで済んでしまった。
1年間の保険料1300バーツにも届かなかった。

d0159325_115312.jpg

ナショナルの電気髭剃り器(シェーバー)は、床に落としたら、上の網の部分が
ゆるゆるで刃の本体にはまらなくなってしまった。
だめもとで、近所の電気修理屋に持っていった。
横のぼっちが一つ欠けていたのだ。これは、日本に持ち帰り、
取り替えるしかないなと思った。
ところが、翌日行ったら直っていた!150バーツである。

任天堂ゲームのWiiは、日本から持ってきたものなので、
ACアダプターが100ボルトでしか入力できない。
先日片づけをしているとき、あわてて変圧器をかまさないで
直に、こちらの200ボルトのコンセントに15秒ほどつないでしまった。
過電圧でゲーム機の電源がつかなくなってしまった。

これも、日本へもって行って、京都に送って直してもらうしかないなと
思っていたところ、電子機器に強いDさんから、こちらで直せるよとうかがった。

d0159325_1158617.jpg

お堀の北側の小さなゲームソフト屋に持っていった。
お兄さんが直せると言う。チェックしてもらうと、本体じゃなくアダプターの方がいかれたという。
心配ながら、お兄さんの挙動で信じる。
中国製の100~240ボルト入力の安いコピー・アダプターもあったが、やめとけと言われる。
夕方取りに行ったら見事直っていた。300バーツ。

もちろん、うまく直らないケースも物によってはあるが、
タイ人の職人の器用さにずいぶんお世話になっている。
[PR]
by ucci-h | 2011-03-05 11:59 | アジア的な生活 | Comments(2)
Commented by 鎮守様 at 2011-03-05 21:27 x
本当に修理は上手いし安いね。
最近は長ズボンを半ズボンに60バーツ。 口の開いたゴルフ靴の修理に80バーツ、かさの修理に50バーツ。運動靴の先のゴムの剥がれ修理で80バーツ(これは思ったより高かった)
まだ電気製品は経験がないけど安く直るんだね。
Commented by ucci-h at 2011-03-06 00:05
鎮守様 バイクでも電気製品でも、うれしい限りですね。あれ、かさも直すところがあるんだ。知らなかった。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース