第2次大戦時と酷似する政府の震災対応
今回の震災に対して、
菅首相は、「戦後最大の災危だ」と言ったようですが、
今の日本政府や東電の対応を見ていると、
前回の大戦で日本が負けた状況と酷似していますね。

事が拡大してから、後おいで小出しに対応する。
展望力というか想像力が決定的に欠けていますね。
次の可能性を考えて、あらかじめ手を打っておくことが
なされていません。

言い訳は山ほどあるでしょう。
「想定の範囲を超えた」が代表的なものでしょう。
だから、パニック状態になって先を想像することなど
できないのだと、言っているみたいですね。

d0159325_12454313.jpg

それなりのデータはあるのですから、今後の
可能性を天気予報のように公表すればいいのでしょうが、
「むやみ、やたらに恐怖心を煽るべきではない」と
いった‘良識ある配慮’がこれをとめるのでしょうね。

国民は、情報をベースに適切な行動が出来ないと
思われているのでしょう。

現場の兵隊は極めて勇敢で活躍するが、
総司令部はお互いの情報共有もばらばらで
結局その隙間を突かれて戦いに負ける・・・
70年近くたったのにあまり変わっていませんね。

唯一の違いは、インターネットやメディアが
大本営発表に批判的なことでしょうか。


.
[PR]
by ucci-h | 2011-03-28 12:48 | アジア的な生活 | Comments(4)
Commented by 洛趣味 at 2011-03-28 16:42 x
全く現政権下に起こったことが災厄に思えます。
Commented by ucci-h at 2011-03-28 16:55
洛趣味様 政府は東電のせいにしているようで、主体的に率先して取り組もうという姿勢がうかがえませんね。
Commented by Hashi at 2011-03-28 18:38 x
危機管理とは想定外で起こりうる管理を言うのに”今回の津波は想定外”訳わからん、、、と思うには私だけでしょうか?
Commented by ucci-h at 2011-03-29 09:14
Hashiさま 「想定外」という言葉は、想定していたら対策が打てたけど、そうじゃないからお手上げと言っているのに等しいですね。ある基準を超えて起こったことにいかに対処するか、それがおっしゃる危機管理のはずですがね・・。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース