穴場だった春の横浜三渓園
春が来たが、今年の日本の春は寒い。
気温が低く、桜の開花が遅れていることに加え、
いつ収拾がつくかわからない原発の行方が
人々の暮らしを暗くしている。

せっかく日本に来たのに、大地震のせいで
ほとんどのスケジュールがキャンセル。
横浜の小学校の同窓会も流れた。

私がまだ日本にいるというので、
有志が、3回目の三渓園での集まりを持ってくれた。

d0159325_2252651.jpg

1度目は、小学2年生のときの遠足。
2度目は、学校を出たての頃の同窓会。
そして、震災後の今回。

三渓園もその都度、趣を変えている。
横浜にいる人ならご存知だが、
三渓園は、本牧にある名所。

明治元年生まれで茶人であった岐阜県出身の実業家、
原富太郎(号が三渓)が京都等から建物を持ち寄り、
本牧の海岸よりの丘の地形を利用して築いた
日本庭園。景色と建物がうまくマッチしている。

d0159325_2262482.jpg

小学生の時に行ったときには、
朝鮮の人が桜の木の下で踊りを踊り、
また海岸では潮干狩りが出来た。
一番高い展望台から見る海は、
今は高速道路と、日石の石油の精製所に
変わっている。
このまえの地震で煙を上げたという。

d0159325_2271134.jpg

今回よかったのは、
ちょうど4月2日の土曜日なのに、
桜の開花が遅いせいか、暖かいいい日だったにも
かかわらず、すいていたこと。
園内に楽に駐車でき、近くに住む友人が驚いていた。

d0159325_2284256.jpg

園内の池には、白いスポットがあり、嘴がプラスチックのような
可愛いかもが遊んでいた。
桜は3分咲きだが、春の香りがいっぱい。
今まで見たことのない内苑が見れたのがうれしかった。

d0159325_2274947.jpg

今週末あたりは、人で一杯になるだろう。
また来たいな、三渓園。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-05 22:09 | アジア的な生活 | Comments(4)
Commented by 鎮守様 at 2011-04-05 23:19 x
へー、うーさんは私とおなじ横浜出身だったの?
小学校の頃は三渓園の裏側は海水浴が出来たよ。
春もいいけど秋もなかなかいいね。
Commented by あんあん at 2011-04-06 06:02 x
土曜日は暖かくてラッキーでしたね。日曜日は寒くて、上智大学の前のお花見の人は、震えながらビールを飲んでましたよ。
Commented by ucci-h at 2011-04-06 10:28
鎮守様 小学校は阿木耀子ちゃんと一緒です。中学は、麦田トンネルを抜けて、立野の丘まで登りました。牧場があったなあ・・。
Commented by ucci-h at 2011-04-06 10:30
あんあん様 4月2日土曜日はラッキーでしたよ。暖かい。しかも桜が遅いので人出がない。人生いいこともありますよ。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース