キャメロンからチェンマイへ
マレーシアのキャメロン高原を経て、
11日月曜日、1ヶ月ぶりにチェンマイに戻ってきました。

チェンマイも異常気象で、水掛祭りの
一番暑い季節なのに、そう暑くもなく(湿気が少ないせいもありましょうが)、
きのうは夕方には雨模様の黒雲が西空に見えました。

しかし、日本で、大地震→停電→余震→寒さを
経験してきた身には、チェンマイでの半そで、半ズボンの気候が
なんともありがたいことです。

d0159325_1417394.jpg

日本での天災・人災に合わせ、
自分の体調も、鼻水→鼻汁→痰→咳こみと
進展(?)し、3週間近く苦労しましたが、チェンマイに戻って
直ったようです。

9日土曜日は、キャメロン・ハイランドで
丸一日あったので、自然ツアーに半日行って来ました。

d0159325_14184095.jpg

高原に広がる茶畑。緑のカーペットです。
こんな高度でもお茶が出来るんですね(ハイランド・ティー)。
一番高い山が6666フィート(2032m)のブリンチャン山。

海抜1500~1800mに広がる
高原リゾートは、ゴルフ場がひとつありますが、
何もないところがいいところですね。

d0159325_14222527.jpg

10日日曜日は、ホテルの前から8:30発のバスで
K/Lへ4時間。KLセンター着で、そこから高速列車で28分、空港へ。
シャトルバスで、空港近くのホテル「コンコルド・イン」へ。

11日朝は、5時前に起き、7時(タイ時間6時)発のエアアジア便で
チェンマイへ2時間半。

エアアジアの発着するLCCターミナルはちょっと離れていた。
朝暗いうちから、空港は旅行者でごった返している。
インド、インドネシア、プノンペン、ベトナムなどアジアの各方面に向けて
ここのハブ空港から飛び立っていく。

旅行途中で、読んだ本を捨ててきたので、
機内預け荷物は、ジャスト20.0Kg。
サーチャージなしでチェンマイへ帰れました。

やれやれ。
忘れられない春の日本一時帰国となりました。
片道切符でこちらに戻ったので、しばらく帰らないで済みそうです。

しかし、12日の今朝も、日本からは余震、原発事故のレベルアップが
伝えられている。
なおしばらく、こちらにいても日本の様子が心配だ。

ちなみに、タイでは季節外れの南部の大洪水が
ニュースになっている。リゾート地サムイ島まで洪水のようだ。
日本への支援ではよくやってくれたタイだが、
今度は国内の洪水支援に目が向けられている。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-12 14:22 | アジア的な生活 | Comments(2)
Commented by 鎮守様 at 2011-04-12 18:14 x
ハイ、お帰りなさい。
では日本に帰ってきます。
入れ違いですね。
Commented by ucci-h at 2011-04-12 20:36
鎮守様 まだ余震がありますので、お気をつけて!
みな自粛とか言って、下を向いていますので、
元気付けてきてあげてください。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース