テニスもゴルフも精神的冷静さが勝ちを呼ぶ
週末のタイでのテレビ・スポーツ観戦は面白かった。

ローマで行われたテニスの「イタリア国際」大会では、
女子では、ロシアのシャラポワが復活優勝を遂げたが
(それにしても、世界1位のウォズニアッキーは身体が重たいなあ!)、
男子は、マドリッドに続いて、再びナダル(スペイン)とジョコビッチ(スロベニア)の
世界1,2位対決となった。
雨で試合開始が延びたため、月曜日の再放送で見た
(タイはスポーツの再放送が多いのでいい)。

また、フロリダでは、ゴルフの「プレーヤーズ選手権」大会が開かれ、
最終日、韓国のK.J.チョイ(チェ・キョンジュ)が44歳のデビッド・トムズを
プレーオフの末破って優勝した。チョイ選手は、過去22ラウンド池ポチャがない
というからすごい(ここの17番の島のショートはプロでもよく落とす)。
この大会、「第5のメジャー大会」ともよばれるだけあって、
賞金総額は、メジャー大会の750万ドルを上回る950万ドルだ
(同時期行われた日本プロゴルフ選手権は、1億5千万円、180万ドル)。

d0159325_2373724.jpg

ローマのテニスは、再びジョコビッチがナダルを下して優勝した。
前回も書いたが、この23歳、187センチの長身は、史上最強の
まるでロボットのようだ。頭が良くショットを深く左右にスピードの変化をつけて
正確に打ち分けるだけでなく(今のフェデラーはできないな)、
ピンチに陥っても冷静さを失わない。
ナダルと並んで、ずいぶん精神的訓練がされている。

前日準決勝のアンディ・マレー(英)との接戦でずいぶん体力と精神力を使い果たしたので、
今回の決勝はナダルが有利かと見えたが、強かった。
これでナダルに4連勝。1位の座も見えてきた。
ジョコビッチとナダル、この二人の試合の鋭さは、ほかのゲームでは見れない。

d0159325_2384777.jpg

なお、この大会も前週のマドリッドの大会も、テレビでは
「ATPワールド・ツアー・マスターズ1000」と銘打たれていた。
年に1000回もマスターズがあるはずないなと思って調べたら、
テニスの4大メジャーに年末のワールドツアー・ファイナルに加える
男子の9大大会のことだという。1000は優勝の獲得ポイントが1000点だから。
つまり、テニスの大きな大会は、年間14大会あるということだ。
テニスの場合、みなトーナメント勝ちあがり式だから、選手も大変だな。

ジョコビッチも崔京周も、歳こそ違え、ともに冷静さを失わないプレーヤーだ。
スポーツのゲームは、精神的冷静さが、勝負の8割を決めるように見える
(きょうは、おかげで、自分のゴルフもあせらず冷静に出来た・・・。
出だし、トリプル、トリプルも、あとパーが9つとれ、後半は39点だった。ふふふ)。
[PR]
by ucci-h | 2011-05-16 23:11 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース