どうにも理解できない日タイの電気代の違い
昨年のチェンマイはとても暑かった。
今年は比較的凌ぎやすいが、それでも
1年で一番暑い季節である。
きのうは暑く、風通しのいい我が家でも
ほぼ一日中、エアコンをつけていた。

1年ほど前に、こちらでの電気代について
書いたことがある。
 「タイと日本の電気代の違い 2010-5-29」
  http://uccih.exblog.jp/11213700

去年の夏は暑く、459ユニット(KWH)も使ったので、
総額で1719バーツ(約4900円)払った
(それでも日本の3分の一以下だろう)。

今年移った家は風通しも良く、天候も去年ほどは暑くない。
家の中も明るいので電気もそう点けずにすむ。
同時期(4・24~5・23)の電気代は、総額639バーツ
(約1900円)しかかからなかった。
タイでは、400バーツ以下だと無料になる。

この1ヶ月の使用電力量は188ユニット(KWH)でしかなかった。
ユニットあたり2.22バーツ。これに「F.T」、貧窮所帯向けの
賦課チャージ(1KWH当たり0.958バーツ)、
そして7%の付加価値税が加わっての639バーツだ。
総額では、ユニット(1KWH)あたり、3.4バーツ(ほぼ10円)だ。

d0159325_12523443.jpg

タイは資源国ではない。
天然ガスをビルマ等から輸入して、火力発電の燃料にしている。
原油価格も昨年より上がっている。
発電コストの安い(?)といわれる原発もまだない。

なのに、なぜ一軒家で月2000円弱で済んでしまうのだろう?
日本とタイの物価の違いは大きいが、電気代ほどの開きはなかなかない。

言い換えると、日本の電気代の高さに驚かされる。
発電技術も、送電技術も日本のほうが進んでいるはずでは?
日本でエアコンを掛けっぱなしにしたら、数万円にもいく。

電気事業は装置産業のはずだが、人件費その他、
諸々の経費が日本のほうが嵩むのだろうか?
日本のどなたか、違う理由を教えて!

福島原発の事故があり、東電は存亡の危機に立たされた。
節電も良いが、日本の高い電気代は低く出来ないのだろうか?

日本は一人当たりのGDPが高く、世界でも所得の高い国に見える。
しかし、その裏側は、税金や電気代、必要生活経費の高い、
つまり、多く金を払わないと暮らしていけない国である。
GDPは、国民総所得ではなく、国民総需要、いいかえれば、
国民総経費と読み替えるべきだろう。
[PR]
by ucci-h | 2011-05-24 12:54 | アジア的な生活 | Comments(4)
Commented by くんたれ at 2011-05-26 10:28 x
1)ガソリンも日本の方が高いように感じますが、多分、税金ですよね。果たして電気はどうなのでしょうか。私も興味あります。
2)この写真は管理人さまのご自宅でしょうか。チェンマイではこの一戸建てで大体おいくらくらいするのでしょうか。二階建てで瀟洒ですね。
Commented by ucci-h at 2011-05-26 11:35
くんたれさん プライバシーは明かさないことにしていますが、チェンマイでは、バンコクよりずっと安く、借りた場合の家賃ですが、一般的に、月5000から2万バーツでしょう。1万ほどでけっこうありますね。
Commented by ぐりぐりももんが at 2011-05-27 05:59 x
バンコクでアパートに住むと、1ユニット5バーツでふんだくられるのが、憎たらしい。
基本料金は、3.5バーツでしょ。アパートの所有者は、ぼった食っているなー。そう思います。
Commented by ucci-h at 2011-05-27 10:42
ぐりぐりももんがさん チェンマイでもいいアパートは、ユニット6バーツとりますよ。ロビーや執務スペースの電気代を割り振っているのでしょうね。一軒家のほうがはるかに安いですね。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース