医師不足に悩むタイランド
タイの病院は、買い手市場というか、
外国人でお金を持っている患者は歓迎される。
医療ビジネスは、外貨稼ぎビジネスにもなっている。

しかし、地方の公立病院(街中のタイ人向けの一般病院もそうだが)は
患者でいっぱいだ。
日本ほど高齢化は進んでいないものの、3時間待ちで、5分治療など
当たり前だ。

もっとも、タイ人には、タクシン時代から、30バーツ診断が
取り入れられているので、けっこう混んでいる(予算的裏づけは甘いようだが・・)。
まだまだ、暑いタイだが、ロビーにエアコンが入っていないところも
けっこうある。

そのタイで医師不足が進んでいる。
もともと、医師数は、不足傾向の日本の25万人(人口1000人当たりほぼ2人)
に対し、タイでは3万人ほど、人口1000人当たり0.5人ほどにしかならない。

医学部卒も、年に1200人ほど、ようやく厚生省の失策から回復し始めた
日本の8000人ほどに比べ、人口は半分なのに、少ない。

d0159325_1420449.jpg

絶対的不足と言うより、バンコク偏在、地方過疎の医師偏在が著しい。
バンコクでは、人口700人に一人近くの医師がいるのに、地方、ことに
東北部では、人口8000人にひとりという有様だ。
地方のコミュニティー病院では、フルタイムの医者は一人いる程度といわれる。

地方の医師不足は、どこでも同様な傾向があるが、
医学部卒で3年間のインターンに出るのに、地方を嫌うからだ。
地方での勤務をくじで引き当てた学生の親は、罰金を払ってでも
地方行きを拒むようだ。

家から遠すぎる、イスラム派の反乱が起きる土地で行きたくない等など・・。
2008年も、医学部卒の1189人のうち、3割に当たる356人が
地方行きを拒んだ。

地方勤務の医師を増やすプロジェクトは、実は2004年からある。
それは、地方出の優秀な学生をメディカル・スクールに行かせ、
修了後に地方の病院へ戻し、働かせるアイデアだ。

その土地出身の医師なら、その地で働くことをいとわない。
このプロジェクト、どこまで拡大できるのだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2011-05-24 14:23 | アジア的な生活 | Comments(4)
Commented by ちゃーん at 2011-05-25 20:44 x
この国では医は仁術なりとはなりませんからね。医療はあくまでもお金を払って受けられるサービスという認識もタイ人の中には強いようです・・・。
アメリカとかの考えに近いのでしょうかね?
Commented by ucci-h at 2011-05-26 00:06
医は仁術は、どこに行っても現代では希少でしょうね。現代のように多くの人を見る医療現場では、マンパワーや設備が力ですから、医者個人に仁術なのだから、無理をして見てやれと追い込むのは合理性に欠きますね。
Commented by くんたれ at 2011-05-26 10:33 x
バンコクのトンローの病院は豪華で、10分も待てば治療を受けられました。保険なので無料でした。ずいぶん違うものですね。
Commented by ucci-h at 2011-05-26 11:37
外国人向けは、もうウエルカムですね。メディカル・ツーリズムも増えてきましょうか・・。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース