SOSを発するチェンマイのホテル
「チェンマイのホテルがSOSを発している」と
6月13日のバンコク・ポスト紙は、センセーショナルに伝えている。
ホテルの供給過剰と、観光客の低迷を「チェンマイ・プロブレム」と
TAT(タイ国政府観光庁)の人間は呼んでいる。

チェンマイのホテルの平均稼働率は、今年のオフシーズンは、
昨年の46~50%をさらに下回り、40%弱という低水準に
落ち込んできたようだ。

高級ホテル、デュシット・インターナショナル社によると、
チェンマイのデュシットD2ホテルの第1四半期の客室稼動率は
40%と、同系列のプーケットのデュシタニ・ラグナーの60%を
20%ポイントほど下回った。プーケットの料金は10%引き上げる
予定というが、チェンマイは上げられない。

昨年は政治的騒乱が旅行客の減少を招き、
今年は回復するだろうと見られていたのが、さらなる落ち込みだ。
欧州の財政危機によるヨーロッパ人客の減少と、
7月の総選挙を前にした国内客の足踏みが低稼働率を招いているという。

d0159325_17413340.jpg

しかし、プーケットなどに比べれば、チェンマイの低さが目立つ。
2006年以降、はや5年近くになるチェンマイのホテル業の不振は、
ホテルの供給過剰が主因だが、海もなく、これといったアトラクションの
ないこの街の不人気を物語っている。
同じような旅行代金なら、最近は近隣諸国へ足を伸ばす客が多いようだ。

チェンマイのホテル業界は、もはやSOSを政府や自治体に発する状況だ。
顧客の開拓のための資金が必要だと言っているが、プロモーション活動
だけの問題だろうか?
観光に多くを頼るチェンマイの経済の成長率は、全国平均を下回るようだ。

チェンマイ滞在者にとっては、観光客が少なく静かな方が、
物の値段も安いし、良い。
ただ、景気も伸びず、航空便が削減されることがさみしいくらいだ。

チェンマイに住んでいて思うが、別にチェンマイは観光地でもない。
ドイステープの山に登って、ナイトバザールで買い物をして、
ケープ・ムー(豚の皮)をお土産に買うのは、1回でいいだろう。

むしろ、チェンマイを中心とする北タイは滞在型の土地である。
タイ人の旅行(パイ・ティアオ、遊びに行く)は、まだ物見遊山、
お寺めぐりの段階である。滞在型の旅行はいずれ増えてくるのだろうか。
[PR]
by ucci-h | 2011-06-15 17:42 | アジアのリゾート | Comments(5)
Commented by 摂津屋 at 2011-06-15 23:09 x
そういえば、ここ6年間、新しいホテルを聞きませんね。
と言っても、高級ホテルは縁が薄いので知らないだけかな?
僕らにとって、チェンマイ人気が下がるのは歓迎すべきことと考えていいのかな?
Commented by ucci-h at 2011-06-15 23:50
摂津屋さん そうですね。数年前、D2やソフィテルの大型ホテル、そしてブティック・ホテルが増えて、供給過剰にダメが押されましたね。チェンマイにあまり人が来ないのは、大歓迎です。
Commented by くんたれ at 2011-06-17 22:10 x
同感ですね。ブティックホテルはニマンヘミンなどにかなりできていますね。物価が安くなっていいですね
Commented by ucci-h at 2011-06-19 10:28
くんたれさん 物価にはやく落ち着いてもらいたいですね。豚肉がキロ130バーツ、高いところだと、190バーツに上がっています。バンコクはもっと高いかな?
Commented by くんたれ at 2011-06-19 11:53 x
かなりインフレ気味のようですね。但し、面白いのはマンション価格が供給過剰であまりあがってないこと、場所によっては下がっていることですね。価格とは需給なんだと思い知らされます。
しかし、バンコクのマンションは高いねえ。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース