チェンマイからバンコクへ、洪水地帯を走る
チェンマイからバンコクまで770キロ。
バンコクで開催されているプロテニス・トーナメントを
観戦かたがた、車で、洪水のタイランドを縦断してきた。

チェンマイも洪水に見舞われた翌日、ターク、カンペーン・ペットを経て、
洪水の被害のあったナコーン・サワンまで行った。
ナコーン・サワンの街は、水が来た跡があったが、街は大丈夫だった
(もっとも帰りに橋の南の左側を見たら、洪水で軒先まで水没
した家が数軒あった。可哀想に)。

d0159325_23541069.jpg

翌日、ナコン・サワンからバンコクを目指し、南下したが、
アユタヤの手前、シンブリーにやってくると、
幹線道路の右、左に洪水が広がっていた。
まるで、日本の浜名湖の中を横切る道路を走っている
ようだった。バンコクまでの幹線道路はつながっていた。

テニスの準決勝を10月1日(土)にインパクト・アリーナで見て、
翌日、バンコクからチェンマイへ帰ってきた。
バンコクからアユタヤまでは、日曜日なのに道路には車が多い。
水や食料を積んだ救援車の列が走っている。

d0159325_23551283.jpg

やはり、ところどころ、洪水で、家が残っていても道路と
つながっていないところもある。
アユタヤを過ぎると、そのうち、道路にも冠水している箇所が出てきた。
幸い、一車線までで通行止めにはなっていない。
ガソリン・スタンドへの取り付け道路も冠水。
水の中を走ってスタンドまで行った。

d0159325_235663.jpg

d0159325_23564956.jpg

中部平原地帯が、被害が多いようだ。
被災した人はお気の毒だが、タイの人たちの
みなで救援する姿はいいものである。

テニスは、男子シングルス準決勝は、
ひざを痛めているモンフィス(仏)がアメリカの新鋭ヤングに
逆転負け。もう一試合は、これもフルセットとなったが、
シモン(仏)に運もなく、力が上のアンディー・マレー(英)に敗れた。
決勝は、マレーがヤングを退け、予想通りの優勝となった。

d0159325_2357297.jpg

インパクト・アリーナは、コンサートもやる会場だが、
鉄の手すりが邪魔になる以外は、よく見えた。
もっとも、バンコクの道路事情は、相変わらず複雑怪奇で
どこへ行っても渋滞だった。
[PR]
by ucci-h | 2011-10-02 23:59 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース