「弱きもの汝の性はオトコなり!」
自分がより良く生きられるために、
「人間とは何か?人生とは何か?」と大上段に
振りかぶっても何も出てこない。

このおろかだが可愛らしい動物を少しでも
理解するには、まず、個体の発生から紐解くのがいい。

チェンマイで犬やありや虫やヤモリ達と暮らしていると、
これら動物たちと人間とどっちが幸せなのかな等と、
愚にもつかぬことも考えてしまう。
彼らの生き方から勉強になることはないかなと考えてしまう。

動物としての人間も、太古メスだけだった!?

「生物と無生物のあいだ」で有名になった生物学者福岡伸一さんの
著書「できそこないの男たち」(2008年、光文社新書)によると、
2億年前から地球上に居り、ヒトより先輩格の“アリマキ”(蟻牧)は、
基本、メスだけの「単為生殖」(単性生殖)でムスメを増やし続ける。

この効率の良いメスだけの生物の世界になぜ、いかにオスなるものが
参入したか?
生物はメスだけで寂しくなったのか?
生物が気候の変動を超えて生き延びるには、多様性が求められる。
メスだけで受け継がれる家系は、クローンの連続のようなものだから、
気候変動で全滅する。

d0159325_13572127.jpg

アリマキですら、年に一度、冬を迎えるときに、
ホルモンを調整して、染色体を変えて、オスなるものを生み出し、
交尾させ、卵の多様性を確保するという。
オスは弱々しく、交尾だけが仕事のようだ。
子供は、またすべてメスだが、少しずつ多様化している。

というわけで、生物学者の研究では、
男は、女の派生物、デリバティブということになる。
基本仕様は、女性だから、男の体に乳首が残り、割れ目を閉じた
陰嚢の裏には閉じ痕が残っているという。

だから、アリマキのオス同様、できそこないの男は、女性よりも
命短く、かつ自殺なども多い、弱い生物となっている。
社会では、女性の性的魅力に引かれ、うまく女性におだてられ、
威張って、男社会のように思って、多く働かされている。

あれれ、何を言おうとしていたのだろう。
「弱きもの、汝の性はオトコなり」から、人生の認識を始めることにしよう。
[PR]
by ucci-h | 2011-10-12 13:57 | アジア的な生活 | Comments(3)
Commented by muga at 2011-10-12 14:52 x
男とは、→デリバティブである!(初耳爆笑)
そういえば、先月急に尻の穴の上部に指が入って驚いた。
「あれ?う●この穴じゃない!」でも痔ではなかった。
もしかしてもしかして~・・・

釈迦にイエスやソクラテス、孔子にしても歴史的に偉大とされる人間は男ばかりですが。生物学的に弱い分だけ、思想的思索的なもので発達したのかもしれませんね。
それでも"絶対的に女性より優れている"わけではないのでしょうね。
Commented by くんたれ at 2011-10-13 10:47 x
女をば 法の御蔵と 云うぞ実に 釈迦も達磨も ひょいひょいと生む
Commented by ucci-h at 2011-10-13 11:36
くんたれさん はははは。何の物語だったでしょうか、戦争で女性が敵軍に向かって、「我が軍を殺すなら殺せ!私達がこの股の間からどんどんまた生み出してやるから!」と叫んでいたのを思い出します。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース