「親愛なる日本のあなたへ」
親愛なる日本のあなたへ

日本は、震災からすでに7ヶ月、金木犀の香る秋祭りの季節ですね。
いかがお過ごしですか?
こちらタイは、日本でも報道されていますように、毎日洪水のニュースで
大変です。

今年の雨季(5~10月)の降雨量は異常で、チェンマイでも外出を
その都度考える日が続きました。
幸い北タイのチェンマイでは、ピン川が溢れ、観光客の多いナイト・
バザールが水浸しになるのは、9月末の数日で終わりましたが、
その後、ご存知のように、南の、日本企業の工場の多い古都アユタヤは
水没し、バンコクも危機にさらされています。

9月末にチェンマイとバンコク間700kmを縦断した時には、
幹線道路である「アジア・ハイウェイ」は一部水をかぶっている程度で
走れましたが、その1週間後にはアユタヤ周辺で寸断されました。

d0159325_21172983.jpg

北部にある、琵琶湖の半分の水を貯める巨大なプミポン・ダムが
満杯になり、そこからの大量の放水も、下流のアユタヤ、バンコク北部の
状況を厳しくしています。
下流が水浸しになることがわかっていてのダムの放流は、人災ではないか
との見方もありますが、昨年の乾季は、タイは水枯れでこれまた大変でした。
世界的な大きな気候変動が被害を大きくし、今年を天変地異の年に
していますね。

10月15~16日の週末が満潮とも重なりバンコク洪水の危機の山場と
見られましたが、水を東方に迂回させることで何とか凌いでいます。
もっとも、水の流れを変えることには、被害の増えるアユタヤの住民からは
当然反対が出ますし、またバンコク北方のドン・ムアン空港の北の
パトゥム・タニの住宅地も週明け、2m水没したようです。
そこにあるタイ最大規模のナワ・ナコーン工業団地にも浸水してきました。
なお予断は許せないでしょう。

d0159325_21183711.jpg

チェンマイの街は雨季明けが近く、雨のない日も増えてきて、
ピン川の水位も下がってきています。
日照りの日が3~4日続くと、今度は、今年初めの水枯れを
思い出して、乾季の日照りを早くも心配してしまいます。
とはいえ、チェンマイはこれから良い季節を迎えるでしょう。
洪水に心配せず、いらっしゃい。

吉村昭が昭和45年に書いた「三陸海岸大津波」を読みましたが、
人間の歴史は、天災との格闘でもあるのですね。
仏教によれば、人生は苦の連続です。
大きな天災に遭うと、ちっぽけな日常のいらいらなど吹き飛びます。

どうぞ体に気をつけて、日本の良い季節をお過ごしください。
[PR]
by ucci-h | 2011-10-17 21:20 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース