鉄の下駄
2011年、ことしは厄年と言っていいだろう。
3月の日本の震災と原発事故、夏場の台風の襲来、
そして、タイにおける半世紀ぶりの洪水、
おまけに欧州の債務危機が影を落として
世界の景況も暗い。

こんな有様なので、日本の方にタイの洪水の状況をお伝えしつつ、
日本の節電やら放射能にお見舞い申し上げ、
「それでも、空に太陽がある限り幸せですね、
人生は苦の連続ですから、今年のあれこれも当たり前、
元気でお過ごしください」と便りを差し上げたら、
ある方から、うれしい返信をいただいた。


いい意味で稚気あふれる方からのユーモラスで
明るいお便りは、心を明るくしてくれます。
匿名で、そっとご紹介させていただきます。

最初が、私からの便り。
次のが、その方からのお返事です。

@@@@@

(私から)

ご無沙汰しています。
今年は、稀に見る厄年なのでしょうね。

日本にいた時は震災に震え、
タイにいては、洪水の行く末に気をもんでいます。
おまけに欧州の債務危機。

昔なら戦争前夜の暗い時期なのでしょうか?
そうは言っても、きょうもチェンマイはさわやかな青空です。
空に太陽がある限り、幸せに感じますね。

仏教では、人生は苦の連続とか。
そう思ってしまえば、天災、人災のひとつやふたつは・・。

良い秋をお過ごしください。
こちらはじきに雨季明けです。

@@@@@

d0159325_1459966.jpg

(知人の方から)

おっしゃる通りです。
私も 青空や、浮かぶ雲の様子を眺めてるだけで
幸せを感じます。

太陽? 
私は 太陽崇拝ですので、運良く 日の出を見れた時には
パジャマのままで 手を合わせてしまいます。

お釈迦様のお言葉どおり この世は苦の連続ですが
来世も私は 三日いたら飽きてしまいそうな天国より、
活気満ち溢れていそうな 地獄がいいなァ
そして お閻魔さまに取り入って 針の山の番人になるの。

あなた様は勿論、天国でしょうけど もし、もしもですよ、
針の山にいらつしゃったら、ご安心! 鉄の下駄を
そっと 差し上げますね。

では、この辺で失礼いたします。

@@@@@

いつの日か、鉄の下駄をいただけるのを楽しみに。
[PR]
by ucci-h | 2011-10-28 15:00 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース