あの大とかげ「トッケイ・ゲッコー」が絶滅の危機!?
チェンマイの洋書の古本屋は、「Gecko」である。
ゲッコーと言っても、月の光ではない。
そう、メーリムのグリーンバレー・ゴルフ場に行くと、
東屋の天井近くに卵をいつも数個抱えている
あのトッケイ(Tokay)君のことである。

「Tokay Gecko」は、日本では、「オオヤモリ」と呼ばれる
とかげの仲間だそうだ。名前の由来は、その鳴き声。
“とっけー”、“げっこー”と聞こえるからとか・・。

この体は30センチと大きめだが、東南アジアに棲む愛らしいトッケイが
ここ数年需要が多く、捕獲が進み、へたをすると絶滅の危機にあるという。
トッケイは、虫や昆虫を食べ、虫害を防いでくれる生き物であるが・・。

d0159325_1222120.jpg

トッケイは、古くから中国では乾燥されたものが咳止めの漢方薬、糖尿病、
喘息、皮膚病、がんの薬として売られていると言うが(トッケイ・ワインもある)、
最近ではHIVの治療に効果があるという噂から、捕獲がすすんでいる。
トッケイの舌と内臓がHIVの特効薬だと言う話である。

これには根拠がなく、人をたぶらかす話のようで、
フィリピン政府も7月に、エイズやインポの特効薬として服用すると
危険である旨、警告はしているようだが・・・。

保護団体「トラフィック東南アジア」によると、
1998年から2002年までの5年間の間に、アメリカに8.5トンの
乾燥ゲッコーが薬剤として合法的に輸入されたと言う。

最近では、マレーシアがトッケイのトレードの中心地になっている。
主な仕向け地は、中国だ。
最近では、1000頭のゲッコーをカンボジアからマレーシアに
もって行こうとした者が捕まったし、100万ドル相当のオオトカゲを
タイからマレーシアに密輸しようとしたカップルが摘発された。

トッケイ・ゲッコーは、各国で保護されている例が少なく、
このことが乱獲を止められないでいる。
早急に、絶滅する前に、保護条約を作る必要があると保護団体は
叫んでいる。
[PR]
by ucci-h | 2011-11-19 01:23 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース