年明け後タイで興っている不敬罪改定運動の背景
年明け以降、タイにおいて刑法112条(不敬罪)に対する
修正の世論が興ってきている。
昨年5月に触れたが、立憲君主制のタイ王国において、
王様の存在は絶対的であり、これを敬わない行為はきびしく
罰せられる。
 「タイにおける不敬罪とは? 2011-5-26」
  http://uccih.exblog.jp/13653373/

王様を敬い、君主制を大事にするのは良いのだが、
この不敬罪(リーズ・マジェスティ)が近年
政治的に乱用されているからだ。
政敵の行動を誰でも不敬罪として訴えることができ、
法執行の明確な手順もなく、今や最高15年まで牢屋に
送ることができる。

王制に対する事実に基づく直截的、建設的なコメントさえ
不敬罪と捉えられがちだ。
欧米からも、中進国タイランドにあるまじき言論の圧迫に
つながると、批判を浴びている。

d0159325_1182126.jpg

進歩的な学者グループ「ニティラット」(啓蒙法律家)などが
刑法112条の改定を求めているが、不敬罪を守れという
意見もこの国には根強い。

最近は、王制・王室に対し公然と批判する者も出ており、
このままだと、タイの王室を守れないという危機意識だ。
厳しい不敬罪が、王制批判の防波堤の役目をしてくれている
と見ている。

従って、議論はかみ合わない。
守旧派は、不敬罪改定は、王室への尊敬をなし崩しに
崩して行こうという試みだろうと疑う。
改革派が、運用に問題があると言ってもかみ合わないわけだ。

インラック政権は、どちらかというと改革に近い赤シャツ隊を
背景にしているものの、政権党として要らぬ騒ぎは起こしたくない
からか、インラック首相は、「刑法112条を尊重する」と言っている。
また、運動の盛んなタマサート大学は、キャンパスでのこういった
運動を禁止し、「言論の自由の圧迫だ」と物議をかもしている。
教授、学生の間でも改革派と擁護派に割れている。

プミポン国王はこういった動きを憂慮されているようだ。
国王ご自身は、厳しい不敬罪の適用を心よしと思っていないと言われる。
この政治的闘争につながりかねない、不敬罪闘争に一番
悩まれているのは、国王かもしれない。

このタマサート大学をベースにした不敬罪を巡る闘争は、
早くも1976年10月6日にタマサート大学で起こった
「血の日曜日」虐殺事件を思い起こさせている。
当時の学生に対し、国家警察が無差別に発砲、
46人が殺された。

今回の対立も、タイが通らねばならない道だろうが、
赤シャツ・黄シャツ対立が一段落したこの国に、
新たな社会的不安の火種とならないか心配される。
[PR]
by ucci-h | 2012-02-04 11:09 | アジア的な生活 | Comments(9)
Commented by くんたれ at 2012-02-04 19:48 x
言論の自由、表現の自由は基本的人権のなかでも優越的地位を占めます。なぜなら表現の自由が保証されないと、民主主義の議論という過程が反故にされるからです。不敬罪派は王様にひっついている寄生虫のような連中だと思います。いまから、崩御のあとに馬鹿王子にどういう風に取り込むか、を必死で考えているのでは?LOL
プラムももう年ですよね。
Commented by ucci-h at 2012-02-05 00:03
くんたれさん 君主制は、それはそれでうまく運用されれば、良い制度だと思いますが(議会制民主主義がベストだとも思いません)、2つの要素が欠けると崩れますね。常に優れた君主が選ばれることと、君主の個人的に優れた意見が周りに邪魔されず、そのまま通ることだと思います。
Commented by muga at 2012-02-05 14:55 x
議会制民主主義の欠点は決定が遅いことだと思います。しかし君主制は暴君が生まれやすいですよね。ローマのような期間限定の独裁官認定制度みたいな便利な制度はないものでしょうか。
Commented by くんたれ at 2012-02-05 23:58 x
民主主義は選挙民の歓心を買うために、代議士の仕事は予算をとってくることにようやくされます。したがって、欧州でも米でも日本でも財政赤字が積みあがっています。紙幣はいくらでもプリントできますからね。決定が遅いということもありますね。大統領は選挙で多大なコストがかかり、時間もかかりますが、大きな権力を手にします。首相は間接選挙でコストはかからないが権力も大統領ほどでもない。
君主制なんて問題外です。まず、優れた君主がでる保証がない。だめなときはあきらめるしかない。君主をチェックするシステムがタイにはない。不敬罪が存在すること自体が中世のレベルです。ヒマラヤの国では君主みずから立憲民主制に政体を変更しました。君主制がだめだと認識できるだけの知能があったからです。管理人さんが君主制がすぐれていると発言されるのには驚きました。歴史からもっとまなびましょう。
Commented by muga at 2012-02-06 00:19 x
いやははは、くんたれさん、管理人さんはタイに居る間はタイの悪口を遠慮してるだけだと思いますよ。特に一番デリケートな問題ですから。身元われてると、冗談抜きでヤバイっす。
現国王は、共産主義のドミノから国を守っただけでも名君なのかもしれません。(後は想像におまかせします)
Commented by くんたれ at 2012-02-06 14:23 x
そうなのでしょうね。まだまだASEANには不自由な国が多いです。ただ、発展途上国から中進国へと認識が変わってきたタイです。タイとは自由の意味。表現の自由を憲法の枠外から規制するようなものは辞めたほうがいいと思います。原国王は名君だと思いますよ。お兄様がどなたの意向で暗殺されたかはわかりません。
Commented by muga at 2012-02-06 16:43 x
この際同乗して、ちょっと言っちゃおうかな。
タイに真の自由があるのか?
他のASEANよかある。でも日本よりはない。
国民は、日本人と明かに違う。宇宙人と付き合っている感覚に、時々おそわれる。
でも、ベトナム人やベンガル人に比べれば遥かにやり易い。
私の感覚はそんな感じです。
Commented by ucci-h at 2012-02-08 19:47
くんたれさん 議会制民主主義は、いろいろな統治制度の悪さを少なくすべく出てきた制度だと思いますが、アフリカ諸国の現状を見ればお分かりのように、へたな民主主義は、場合によっては、独裁制や君主制以上に、国民を悲惨な目に合わせます。独裁制や君主制の方が良いと言っているのではなく、頭から議会制民主主義こそベストと思い込んでいるとひどい目にあうことを歴史は教えています。
Commented by くんたれ at 2012-02-08 20:51 x
議会民主主義はフィクションです。いま、日米欧で紙幣乱発が問題になっているのは選挙制度に問題があるのが一因です。わたしもこの制度がよくとは思っていません。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース