国際犯罪者が集う国際的歓楽街パタヤ
バンコクの東南にある海沿いの町パタヤは観光客で
賑わう国際色の豊かな街である。
最近は、韓国人、ロシア人が歩行者天国に目立つ。
 「パタヤの砂浜が消えていく 2011-1-27」
  http://uccih.exblog.jp/12770402/

国際色の強い街ということは、国際的なギャング団が
暗躍する街でもある。

d0159325_11183825.jpg

2月2日にも、フランス人の2人が、偽造クレジットカードで
ATMから金を引き出したのを捕まったが、なお10人ほどの
仲間がうろついていると見られる。

国際犯罪の特徴は、必ずしもタイ国内でスキミングして、カード
情報を盗み取るのではなく、自国で盗み取り、それをパタヤで
使って、金を引き出すと言うことだ。まさに国際的犯罪である。

国際的な犯罪者は、旅行者のふりをしてパタヤに入ってくる。
そして、外国語の先生などの格好をする。
警察が手配写真を持っていても、パタヤからプーケット、サムイ島、
さらにチェンマイと外国人の多い地を渡り歩くから捕まりにくい。

パタヤには、また、多くのダイヤモンドや金の店が多いので、
盗んだ金を替えやすい。さらに、登録されていない住居も多いので、
隠れ住むのにたやすい。

地元警察は、「TNCC」(国際犯罪撲滅協力センター)をこのたび
設け、入管などとの協力を強め、‘望まれざる訪問者’の逮捕、追放に
力を入れるという。情報の収集・共有が決めてだと言う。

それぞれの国柄によって犯罪の‘得意技’があるようだ。

・フランスのギャングは、見たように、クレジットカードの偽造が多い。
・台湾のギャングは、地元のギャングと組んで、コールセンター詐欺で知られる。
・ロシア、リトアニアのギャングは、金銭を盗んで、金やダイアモンドに換える。

・南アのギャングは、団体旅行で来て、レンタカーを借りて豪華な屋敷を覗き、
押し入り、貴重品を盗み出す。
・アフリカのギャングは、大使館の偽の証明書を見せ信用させ、偽札をつかませる。
・チェチェンのギャングは、“ヒットマン”(人殺し)のサービスを請け負う。

2月14日、バンコクのスクンビットでイラン人らしき者による
爆弾騒ぎがあったが、彼らもまずはパタヤに入っている。
[PR]
by ucci-h | 2012-02-16 11:20 | アジアのリゾート | Comments(5)
Commented by くんたれ at 2012-02-16 12:59 x
パタヤで有名なのは米タイハーフが親分のマフィアでしょう。でも風俗街は一般に治安は良いので普通にやっている限りは他のタイの町と変わりないですよ。
Commented by ちゃーん at 2012-02-16 22:25 x
もともと米軍の性処理の場所として発展した場所ですから。。。
歪んだ成長をしている街ですね。
何度行ってもあまり好きにはなれません。
Commented by くんたれ at 2012-02-17 12:41 x
私はパタヤ大好きです。英語がほとんど通じるのが良い。最近、WSでラオス人やミャンマー人ダンサーが逮捕されたようですね。賄賂が少なかったんですね。
Commented by ucci-h at 2012-02-18 00:14
パタヤの南のジョムティアンへ行くとほっとしますね。
Commented by くんたれ at 2012-02-18 15:49 x
そのもう少し先のアンバサダーのあるアムプアーがすきです。またその先の漁村バーンサレイは週末にバンコクの金持ちがシーフードだけ食いに行くようですよ。実はこのあたりでも一室貸しています。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース