北タイの麻薬密輸ルートに新兵器
昨年末、ミャンマーでのけし栽培(アヘン、ヘロインの原料)が
増えていることをお伝えしたが、
タイ北部の麻薬密輸に対する取り締まりは厳しくなっている。
 「ビルマのけし栽培は減ったのだろうか 2011-12-18」
  http://uccih.exblog.jp/15126439/

d0159325_23411436.jpg

プレーの街とその西のランパーンの街が、麻薬取引の中継所。
「NSB」(麻薬制圧局)は、地元警察と協力して、北タイのドラッグ・ルートに
50~60のチェック・ポイントを設け、麻薬密輸を取り締まっている。

また、最近は捕まえた麻薬犯の収容を他の受刑者と切り離し、
獄内で麻薬取引の情報が交換できないようにも努めるという。

NSBは、このたび、X線を用いたスキャニング機械2台を6億バーツで
購入し、主要ポイントでの車両のチェックに使う予定だ。
年内には購入したいという。

クルマをトンネルに入れ、スキャニングして、麻薬搭載を
見つけ出す装置は大いに力を発揮すると期待されている。
タイへの麻薬密輸の8割は陸送である。

密輸入される麻薬は、メタンフェタミン(昔のヒロポン、今のシャブ、スピード)が
多く、もちろんヘロインも多い。
ミャンマー、ラオス、マレーシア、さらにはアフガニスタンから入ってくるという。

2011年10月から2012年1月までの4ヶ月間に摘発された
各種薬物の量は、20.32トンに及ぶというから、
一日平均169kgもの薬物が抑えられている計算だ。
何とも多い量である。

麻薬取引の量は減らせるのだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2012-02-17 23:42 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース