タイでバイアグラのジェネリック薬が販売許可に
抗インポテンス薬「バイアグラ」は、
タイでは1錠200バーツ(500円)ほどで手に入るようだが、
それでもタイ人にとっては高い薬である
(もっとも、インド産のゾロ薬の流通はあり、
ビルマに入ったタチレクでは偽薬が安く売っているが)。

ゾロ薬(ジェネリック薬品)の製造については、
インドに負けずに積極的なタイでは、
このたび、バイアグラのシリデナフィルを成分とする
ジェネリック薬「シラグラ」の製造が、FDA(医薬品局)により、
許可になった。

 「薬好きのタイ国民 2012-3-28」
  http://uccih.exblog.jp/15639648/

d0159325_1332468.jpg

(写真はバンコク・ポスト紙より)

10月15日より販売許可になると伝えられる。
許可の理由は、「偽薬を防ぐとともに、高く手に入りづらい薬を
広く普及させるためである」と、ジェネリック薬品許可の
一般的理由を当局は伝えている。

50mgと100mgで、価格はそれぞれ25バーツ(70円ほど)、
45バーツ(120円ほど)になると言われる。

このニュースにはタイでも反響が多いようで、バンコク・ポスト紙によれば、
「タイの病院の30バーツ医療制度でも、シラグラはもらえるのか?」と
冗談半分に質問が来たり、「コンビにでも買えるようにして欲しい」などの
要望が来ていると言われる。
[PR]
by ucci-h | 2012-09-06 13:32 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース