チェンマイ入管非奮闘記
1年に一度の1年ビザの延長の時期がやってきた。
1年ビザの更新は、30日前からできるので、
近年は、チェンマイのトーモー(入管)が多くの外国人で
混むので、少し早めに行って来た。

別にもぐりでビザを更新するわけではないので、
余計な心配をすることはないのだが、
入管しだいで不備を指摘されるなどいやだから、
なぜかいつも気がかりになる。

 「5年目のチェンマイ入管奮闘記 2011-9-23」
  http://uccih.exblog.jp/14616669/

d0159325_1124439.jpg

結果から言うと、更新6年目、はじめてスムーズに
すんだ。
早朝行って、整理券を取っていたほうがいいのは
昨年経験済みなので、人に頼んで、朝整理券を
とってきてもらった。やはり朝8時前から人が多かったという。
230番は、午後2時ごろからだという。

銀行預金の証明書は面倒なので、少しコストが高くなり、
2度行かなくてはいけないが、領事館で前日に
英文年金証明書を作ってもらっておいた。

簡単な証明書だが、780バーツ。
昨年の620バーツから26%も上がっている。
おそらく円がバーツに対して高くなったからだろうが、
こういういやおうなしの領事館の手数料設定は
何とかならないものか。少なくとも理由を付して
値上げを了承してもらうべきだろう。

入管では、午後2時に行って、3人ぐらい後に呼ばれ、
スムーズに進み(入管のシステムも昔より良くはなってきた)、
あとマルチのリエントリー・パーミットも取ったが、
1時間半ほどですんだ。

費用は、
・英文年金証明書(領事館)・・・780バーツ
・1年ビザ延長・・・1900バーツ
・リエントリー・パーミット(マルチ)・・・3800バーツ
・コピー代・・・20バーツほど

計、6500バーツ(17000円ほど)。
いわばチェンマイに住む住民税と理解している。
[PR]
by ucci-h | 2012-09-14 11:03 | アジア的な生活 | Comments(2)
Commented by 山口 at 2012-09-15 12:35 x
チェンマイのイミグレーションでは、ネットで事前予約制度がスタートしていますが、ご利用されないのでしょうか?
待ち時間なしで、ビザ更新手続きが可能ですよ。

>銀行預金の証明書は面倒なので、少しコストが高くなり、2度行かなくてはいけないが、領事館で前日に英文年金証明書を作ってもらっておいた。

誤解される方がおられるといけないのでコメントしますが・・・・
銀行の支店によっては、預金残高証明書の発行が即時に出来ないところがありますが、多くの支店では、即時に発行されます。
残高証明書発行依頼から15分以内に即時発行されます。発行費用は100バーツです。
大使館で発行する「公的年金証明」より、費用面でも圧倒的に有利だと思います。

Commented by ucci-h at 2013-09-18 22:30
ネットは利用する価値がありそうですね。
銀行残高証明は、3ヶ月前の時点で、大きな買い物をして
へこんでしまい、できませんでした。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース