ミャンマーのスマートフォン網を担う外国2社が選ばれた
かつて‘手紙文化の国’フランスでは、電話が
ひどく遅れていた。主要駅のガール・ドゥ・ノール(北駅)へ
行っても、公衆電話は故障中のものばかりだった。
しかし、いったんデジタル電話が導入されると、
過去のしがらみがなかった分、世界最先端の電話網が導入できた。

こういうのを何というのだろう?
“テクノロジー後続者のアドバンテージ”とでも呼べばいいのだろうか。

@@@@@

後進国ミャンマーの経済開放が進み、携帯電話の普及率が9%と
北朝鮮を除いて最低だった国に、いよいよスマートフォン網が敷かれる。
単に、ミャンマーに無線電話網が広がると言うだけでなく、
情報が広まらなかったこの国、金融が遅れたこの国、
企業取引が遅れたこの国に、革命的影響を及ぼすだろう。

 「ミャンマーの通信革命は急速に広まるだろうか 2013-5-16」
  http://uccih.exblog.jp/18783758/

d0159325_12471178.jpg

(写真はミジマ・ニュースより)
@@@@@

ミャンマー政府は、外国企業にも通信網を運営させるため、
興味を示した世界91社を、4月11日に12社に絞り込んだ。
その中から、6月27日に2社が選ばれることになった。
ミャンマーの無線通信網は、ここまで国営の「MPT」(ミャンマー郵便通信)と
「ヤタナポーン・テレポート」(MPTの配信会社)が担ってきたが、
この国営2社の無線通信網も、外国2社の導入と合わせ整備させる。

12社は以下の通り。

単独で名乗りを上げたのが、
①ノルウェイのテレノール
②カタールのQテル
③ベトナムのビエッテル
④マレーシアのアクシアータ
⑤ルクセンブルグのミリコム

コンソーシアムを組んで出てきたのが、
⑥ボダフォーンとチャイナ・モバイル
⑦フランス・テレコムと丸紅
⑧KDDIと住友とMICTDS(ミャンマー)とA1
⑨シンガポールのシンテルとRMT、MTEL(ミャンマー)
⑩南アのMTNとレバノンのM1テレコムとアマラ(ミャンマー)
⑪インドのバルティ・エアテルとキプロスのパラジオ
⑫ジャマイカのディジセルとジョージ・ソロスのカンタムとヨマ(ミャンマー)

これらのうち、最大のボダフォーンとチャイナ・モバイルは、
採算性を理由に事前に撤退したと言うが、
さて、6月27日にはどのふたつが選ばれたのだろうか?

@@@@@

選考は、透明性を高めるため、
ミュンヘンにあるマーケティング戦略のコンサルタント会社
ローランド・ベルガー社に委託された。
技術的側面が1000点、財務的側面が500点、計1500点で
採点されたと言う。

選考された会社には、
15年(さらに10年の延長付き)のライセンスが与えられる。
9月までに正式なライセンスが降り、ライセンスの発効日から
9ヶ月以内に商業サービスを開始することが求められる。

音声のサービスは国内の25%を、データ・サービスは10%を
1年以内にカバーするよう求められる。
900メガヘルツと2100メガヘルツ帯を使う。
当局は、2016年までにモバイルの普及率が50%まで行くよう
求めている。

d0159325_12475150.gif

さて、選ばれた2社はどこだったろうか?

ノルウェイのテレノールとカタールのQテルだった。
いずれも単独で立候補した会社だった。
テレノールはタイのDTACの親会社でもある。
議会が、通信法を通してからと、選考を延長する動きもあったが、
まずは発表された。
選考理由など事情は示されていない。

いずれにせよ、ミャンマーの通信革命が動き出した。
[PR]
by ucci-h | 2013-06-29 12:49 | ミャンマー・ラオス・カンボジア | Comments(1)
Commented by NINJA300 at 2013-07-02 20:29 x
JMARTがミャンマーで勢いつけそうです。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース