「米だけの酒」飲み比べ
筆者は、日本酒は、醸造アルコールの添加された
醸造酒は飲まない主義なので(アル添酒が悪いと
言っているのではなく、単なる好みの問題です)、
もっぱら純米酒の愛好者である。

日本に帰ったとき、スーパーで「米だけの酒」という
紙パック入りの安い酒を二つ買って、飲み比べてみた。
ひとつは、灘の沢の鶴の900mlパック。
もうひとつは、日光の酒造メーカーが作っている
同じく「米だけの酒」900ml。

d0159325_18473717.jpg

価格は600いくらと500いくらで、100円以上の
差があった。
沢の鶴には、麹米を65%精米しているなどデータが
あるが、日光の酒には、精米歩合など表示がない。

@@@@@

同じ米だけの酒と言っても、米の質(沢の鶴は山田錦を
使っているとある)や精米度合いでずいぶん変わってくるのだろう。

酒の好みは個人の好みだろうが、
筆者は、沢の鶴の「米だけの酒」の方に、値段の差以上に
軍配を上げざるを得なかった。
[PR]
by ucci-h | 2013-09-07 18:50 | タイでの食 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース