今年の暑季はバンコクで水不足のおそれ!

3月から5月までタイは乾季(暑季)に入るが、

今年はタイ中央平原部、首都バンコクで“水不足”が

心配されている。



@@@@@



昨年の雨季(6~10月)からここまで中央平原部で

雨が少なかったという自然現象(異常気象?)に

よるところが大きいが、これに政府のコメ抵当スキームの

コメ増産政策という人災が加わっている。

d0159325_23244050.jpg


コメ抵当スキームは、コメのうまいまずいにかかわらず、

ともかく全量を高値で買い上げるという政策だから、

ここ2~3年、世界のコメ余剰にもかかわらず、タイ産の

コメの量は増えている(政府が買い上げたコメはあまり

売れず、不幸にも、農家に代金未払いが長引いているが)。



@@@@@



コメは水利の産物である。

この季節、2期米(乾季米)の生産に入っていくが、

コメの増産のせいで、ダム(貯水池)の水量が減ってきている。



通常よりも10億㎥多い水量が使われるといわれるが、

10億㎥という水量は、タイ最大のプミポン・ダム(容量134億㎥)の

7%にのぼる。

中央平原部における田植え面積は、適正面積(64万ヘクタール)の

倍の128万ヘクタールになっていると、王室灌漑局(RID)は言っている。

d0159325_23235112.jpg


タイの2大ダムの現在の貯水量は、記録的な低さになっている。

タークのプミポン・ダムの貯水量は65.5㎥(貯水率49%)、

ウッタラディットのシリキット・ダム(容量93億㎥)は、51億㎥(55%)と

低い水位になっている。



@@@@@



タイ東北部にも水不足が出始めているが、

こちらは、昨年来の雨量が多かったので、

中央平原部ほど深刻ではないようだ。

ダムの水量もまあまああるようだ。



ただ、ムーン川とメコン川の水位はかなり下がっている。

メコン川の現在の水位は堤防から14mも下だと言う。

下流では、海水が逆入してきてしまう。

d0159325_23232794.jpg


こちらは、メコン川上流の中国のダムがメンテなどで、

ダムを閉じている影響が多いようだ。

こちらも被害が出れば、‘人災’である。








[PR]
by ucci-h | 2014-02-10 23:27 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース