チェンマイの良い歯医者、良くない歯医者
タイにおける医療保険には、
歯科治療は含まれない。
クレジットカードの旅行傷害保険も
歯科医療は抜かれている。


日本の歯医者も含めた健康保険がなつかしい。
タイ人によれば、歯は数が多いので、保険対象外だとか?

d0159325_1333566.jpg



タイでの歯科治療となると、
上手下手に加えて、数万バーツにのぼるのかと
治療代が心配になる。


@@@@@


数ヶ月前から、左下奥歯の辺りが、強めに噛むと痛い。
1ヶ月ほど前に、家の前に住んでいる大学の先生が通っている
ワローロット市場近くの歯医者に行った。
奥まった古い建物だった。古くからやっているようだ。


歯医者の古いいすに座らされ、ここが痛むと告げる。
年配の歯医者は、黙ってガリガリと歯の間を掃除してくれる。
血がけっこう出た。でもこれで終わり。
後どう処置していくのかはなく、次回のアポもない。
1000バーツとられた。


@@@@@


これで良くなるのかなと思ったが、その後同じ痛みがぶり返してきた。
そこで、先週は、別の近くの歯医者に行った。
女性の医者だったが、少し話しをして見てくれて、
クラウンがかぶっている所なので、専門の歯医者に行けと、
スーパー・ハイウエイ近くの別の歯医者を紹介してくれた。
診療代は取らず、自分で無理にやらなかったので良心的だと感じた。


その足で、別の歯医者に行った。
年配の男の歯医者さんだったが、前の患者とよく話していたので
少し良いかなと思った。
医者は、患者とよく話すのが良い医者だ。
カベには、治療代が心配なら、先に確かめてくださいと書いてあった。


痛む箇所を見てくれて、「これはガム(歯肉)が炎症を起こして
腫れている」と言ってくれた。
鏡を見ながら、歯の間をブラッシングすると血が出る。確かに。


@@@@@


よくクリーニングするようにと、歯間ブラシを奨められた。
特に薬や後処理はいらないと。
診療代はかからず、歯間ブラシ代100バーツを払って辞した。


家に帰って歯の間のブラッシングをやっている。
すぐには直らないが、悪い箇所がわかったので安心である。


タイでの歯科治療は、保険が効かない分、
患者の懐を考慮したシステムになっている。
車を直しに預けるガレージと一緒だ。
良い歯医者を見つけ、英語でよく聞き、話をして納得することだ。
[PR]
by ucci-h | 2014-10-06 13:33 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース