北タイ・チェンマイの4月、盛夏を過ごす日々
旧正月の水掛祭りが中旬に行なわれる4月は、
北タイ・チェンマイの真夏である。
暑い日は、温度計が40度近くまで上がる。


どこかに避暑に行けばいいのだろうが、この時期
近隣も含め、タイのどこに行っても暑い。
そこで生活の工夫が生まれてくる。


@@@@@


我が家には、半地下の部屋がある。
天井が低いので、物置代わりに使っていたが、
今年から、午睡の休み処として使い始めたが、ここが涼しい。

d0159325_14163373.jpg



湿度が低いので、扇風機でもかければ涼しすぎるくらいだ。
中二階、二階と上に行くほど、家の中は暑くなる。
半地下で横になって読書をするのが最高だ。


@@@@@


暑いときは冷たいものが食べたい。
スイカとマンゴーは、この季節甘みが乗っており、
安く出回っているので、毎日のように冷やして食べている。
冷凍庫には、リプトンのアイスキャンディーが詰まっている。

d0159325_14291237.jpg



食事も、手巻き寿司が食べたくなった。
日本米とお酢、海苔に具材をそろえれば、家で作って食べれる。
焼き卵、きゅうり、まぐろとサーモンのさしみ。
それに、かにかま、チャーシューなどをそろえればいい。
暑い日の手巻き寿司は、こちらのネタでもおいしい。

d0159325_14173661.jpg



@@@@@


家の前の公園をクロを連れて朝夕散歩すると
いろいろな花々が咲いている。
ついでに、マンゴーやパパイヤ、バナナも実り始めている。


d0159325_14221013.jpg

d0159325_14225962.jpg



地上に落ちていたマンゴーの小さな実は、ふくろうのような顔をしていた。

d0159325_14303627.jpg



タイの夏を象徴し、街中に咲くラチャプルック(ゴールデンシャワー)の
黄色い花が散り始め、雨季を間近に控え、その他の赤、紫、白の花々が
咲き競い始めた。

d0159325_14182748.jpg



マグノリアの白い花は品がある。
赤紫の花は、チョンプー・パンティップと言うのだろうか?きれいだ。
タイ人に花の名前を聞いても、“ドークマイ(花)”というだけだ。

d0159325_14191584.jpg

d0159325_14194849.jpg



雨が降る日が出てきた。
雨が降ると涼しくなる。
チェンマイは、まもなく雨季入りである。
[PR]
by ucci-h | 2015-04-24 14:32 | アジア的な生活 | Comments(2)
Commented by at 2015-04-27 14:32 x
おお、なんか、頑丈そうな、しっかりした、綺麗な家ですねえ。
Commented by ucci-h at 2015-04-29 10:54
半地下というのは、涼しいものですね。使っていないと、へびが住み込みます(笑)。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース