アジアの街角から第4回 タイ人は見送りをしない 
日本で友人宅や行きつけのお店を訪れ、帰りに
見送りを受けるのはうれしいものです。
「心を残している」という、日本の奥ゆかしい習慣です。

d0159325_11372812.jpg



タイには、見送るという習慣がありません。
人を家まで送っていってもさっさと
ドアの方へ行っちゃいますし、こちらが辞去する時でも
あまり見送られません。

タイ人はあまり過去を振り返らない人たちなのです。


@@@@@


過去は忘れる、過去にこだわらないという生き方は
生活のいろいろな場面で見られます。


典型的なのが人が亡くなった時かと思われます。
葬式はにぎやかに行なわれますが、
葬儀が済むと亡くなった人のことは心から外します。
過去の人にはあまり思い入れをしなくなります。


タイ人にはお墓はありません。
タイにある数少ないお墓は、華人のものです。
火葬ですが、灰はなるべく家から離れた地に散らします。
家のそばだと、“ピー”(お化け)になってさまよってくるからと
タイ人は嫌います。

もちろん、愛する家族の遺影の写真は、
家の仏様の脇においてありますが。


@@@@@


過去を忘れる、過去にこだわらないという姿勢は、
社会全般の雰囲気にもなっています。


タイ語で有名な「マイペンライ」という言葉があります。
この「気にしない、かまいません」という意味の言葉は、
単に不始末をした人や、迷惑をかけた人だけに
向けられるものではありません。


迷惑を受けた人や被害を受けた人に対してもマイペンライ、
加害者も被害者も含めてのマイペンライなのです。
ウエイターが客の洋服に水をかけて、「マイペンライ」と言うのは、
主客転倒ではないのです。


@@@@@


マイペンライの意味は、英語で言えば、
“Forgive & Forget”(許して、忘れる)になります。
この英語は語呂がいいのでタイ人のインテリはよく使います。


2011年にバンコクで大洪水があり、日本の工場も
大きな被害にあいました。
しかし、身近なものは手当てされましたが、抜本的な
インフラ構築は手付かずでした。


根底には、「まあしかたがない面がある。過去は忘れて
今後に取り組もう」というForgive & Forgetの精神がありました。


2013年12月バンコクでデモ隊の騒ぎになっている元の
「恩赦法案」もそうです。
タクシン派政府の推すこの法案は、過去十年ほどの間の
政治的な犯罪容疑をみなチャラにして、ゼロからスタート
しようというものです。


これには、2011年のデモの犠牲者にすまないと、
反タクシン派だけでなく、タクシン支持の赤シャツ隊幹部からも
抗議が出ていました。


@@@@@


過去は忘れて現在の生活を重んじようという
仕方は、いい面も悪い面もありますね。
原因の究明や効果的な対策がおろそかにされたり、
過去の罪が問われず許されてしまうのは、悪い側面でしょう。


良い面は、過去にこだわらず、前向きに生きる姿勢です。


ゴルフのゲームなどが典型でしょう。
過去の失敗を引きずっては良いプレーも出来ないでしょう。
人生、心の切り替えが必要な局面も多く出てきますね。
[PR]
by ucci-h | 2015-06-15 11:38 | アジア的な生活 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース