アジアの街角から第7回 「ありがとう」「ごめんなさい」をあまり言わないタイ人
海外で暮らすとなると、その国の言葉を
少しは覚えることが必要になります。


たとえ数日間の旅行でも、あいさつ程度の
言葉を交わせれば、現地の人との親近感が
ぐっと高まります。

d0159325_121401.jpg



基本的な言葉と言えば、
「こんにちわ」「お元気ですか」「ありがとう」
「ごめんなさい」「さようなら」などとなります。


@@@@@


「ごめんなさい」は、国によって自分の
非を認める言葉となりますから、使い方に注意が
必要でしょうが(「失礼」程度ならいいですが・・)、
他の言葉は万国共通の人間間の潤滑油ですね。


さてタイ語にももちろん、これらに対応する言葉はあります。
ただ、こちらで暮らしていると、この国の文化を反映して、
これらの言葉の使われる頻度が、我が国などより少なく思えます。


タイ人は、人に何かしてもらった時、思ったほど
「ありがとう」(コップンカ)を言いません。
さらに、「ごめんなさい」(コートーカ)はあまり言いません。


@@@@@


「ありがとう」を思ったほど言わないのは、なぜでしょう。


「言わなくても感謝していることは通じるだろう」と言う
古くからの無口な習慣です。
「言わなければ判らないでしょう」と家庭内ですら言われる
現代の日本の言葉重視の文化と違うようです。


また、たとえばご馳走するのはお金を持っている
方がするのが当たり前といったような感覚です。
大家族主義の名残と言った感じがしますが、
慣れれば、別にお礼の言葉は期待しません。


@@@@@


「ごめんなさい」をあまり言わないのは、
「コートー」という言葉の意味が、‘罪を乞う’ということから、
プライドの高いタイ人はなかなか使いたがらないようです。
若い人は、気楽に言える英語の「ソーリー」を使ったりします。


この人に謝る言葉の使用頻度は、
やたらと人に謝りがちな我が国とタイとでは大きく違うでしょう。


単に文化の違いと言うより、
言葉と言うものに対する思い入れが、我が国とは
違うように思われます。


@@@@@


「ありがとう」(感謝)も、「ごめんなさい」(謝罪)も
同じ‘謝’という漢字で表されます。
‘言葉を発して人間間の緊張を解く’という意味の
「謝」という漢字に、感謝も謝罪も共通するわけですね。


文明が発達すると、まず言葉ありきとなり、
言葉の重要性がいやでも増します。
言葉は人を勇気付けもしますが、傷つけもします。
場合によっては発せられた言葉が独り歩きします。


昔は、日本でも家庭内でお礼を言ったりするのは
「水くさい」と言われたものです。
しかし、新しい世代では「言わなければ判らない」となりがちです。


@@@@@


謝意や陳謝は確かに言葉に出した方が明確に伝わるでしょう。
しかし、言葉が発せられないと、その意がないと
取るのは行き過ぎでしょう。
言葉万能の世の中になると、人の心を伺う洞察力も衰えて
行くかもしれません。


タイ人は言葉少ない中で、
じっと相手の心のうちをうかがったり、理解したりしているのかも
知れません。
[PR]
by ucci-h | 2015-07-06 12:14 | アジア的な生活 | Comments(7)
Commented by unknown at 2015-07-08 10:37 x
「謝」は国語辞典では‘言葉を発して人間間の緊張を解く’という意味らしいですけど、弓道八節の”残身(残心)”は、
Q、残心(残身)について述べなさい
A、離れてもなお気合いは続き、視線は矢の着点に注ぎ、その射の良否を反省する。この瞬間を残心(残身)と呼ぶ。
尚、「会」「離れ」は仏教用語の「会者定離)に通じ、一期一会にも通ず。
日本人は中国人と違って矢(言)を射ても尚、緊張感を持って相手とあたるようで。その辺がなあなあアジア人との感情の軋轢を生む?w。
Commented by スクムビット at 2015-07-10 20:39 x
初めまして。
自分のブログの左上に出ている「似ているブログ」を押したら飛んできました。
拝見すると、私と同じような感覚を持っていらっしゃる方だなと思いました。
今までのもの全部読ませていただきます。
よろしかったらリンクさせてください。

タイに限らず、日本人以外の国の人は謝ることを知らないですね。同感です。
スクムビット
Commented by muga at 2015-07-13 10:07 x
タイ人は洞察力が優れているのは確かだと思います。目先の自分に関する事柄限定かもしれませんが、研ぎ澄まされているレベルかもです。

私的には言葉で感謝を表さない理由は、タンブン思考から来ているかと。
つまり、「施させてあげている」と考えていますね。
例えば、自分が詐欺窃盗にあって困ったとします。
周りの人に訴えたとしても「タンブンした方がよかったね」なんて言われるだけ(>_<)
あんたタンブンが足りなかったから運が下降したんだよというわけです。
一事が万事こんな状態ですから、この国には感謝も謝罪も意味がない、必要ない儀礼上の言葉に過ぎないのかも知れないなと。
言葉よりも、目にみえる色(金)が重要視されていますね。


Commented by ucci-h at 2015-07-16 12:13
スクムビットさん。こちらこそリンクよろしく!
Commented by ucci-h at 2015-07-16 12:15
タンブン意識!?そうですね。「おごらせてあげたんだよ」とさすがに口では言いませんが、お礼の言葉が出るわけがないですね。
Commented by 愛読者 at 2015-07-25 11:53 x
>プライドの高いタイ人はなかなか使いたがらないようです。
若い人は、気楽に言える英語の「ソーリー」を使ったりします。

失礼ですが、少し気になりましたのでコメントさせて頂きます。
上記については筆者さんの体験がもとになっているのですか?それとも何か出典がありますか?

私は常日頃タイ語を主として生活していますが、基本的に誰でも(軽い弾みなら)謝ることはありますし、また「ソーリー」という言葉を若い人が外国人以外に言う事を一度も聞いたことはありませんが?(ちなみに私は30前半です。)

今後ともブログ楽しみにしております。
Commented by ucci-h at 2015-08-16 14:28
私の7年ほどのせまい体験から出たものです。人や環境によって違いはありましょうね。

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース