北タイでもおいしく作れる「きのこちまき」
日本は食欲の秋。
特においしいきのこが出回る時期だ。
こちらチェンマイには“秋”はないが、
雨期の終わり、やはりいろいろなきのこが出回る。


最近は、料理に凝っている。
先生は、テレビの「きょうの料理」や
インターネットの「クックパッド」。
きょうは、「きのこちまき」がうまくできた!


d0159325_2245548.jpg



北タイはもち米が中心。
毎日、タイ料理と合わせ、カオニャオ(もち米、
ねばるこめの意)を食べている。
マーケットへ行けば、炊き立ての一人前が
10バーツ(34円)で買える。


もち米の上級品をキロ60バーツ(200円)で買ってくる。
きのこは、しいたけ、エリンギ、しめじ、ぎんなんも買う。
肉は豚肉のロースを小さく切る。
たれの作り方はすでに熟練。


実は、前回、このきのこちまきを初めて作り、形はできたが、
水分が多く、味が薄かった。
今回はこれを反省。
しっかりした味がしみ込んだ、食感の良い
ちまきに仕上がった。


料理がうまくできたときはうれしい。
自分は料理の天才かと思ってしまう(笑)。
[PR]
by ucci-h | 2015-10-18 22:46 | タイでの食 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース